南機場夜市で大人気の台湾風おでん屋台 – 基隆黑輪綜合甜不辣




もともと飛行場があった場所で行われていることから「南機場夜市」と呼ばれている台北市の中正区で開催されている夜市。MRT龍山寺駅から歩いて15分ほどかかってしまうのであまりアクセスがよいとは言えないのですが、それだけに「士林夜市」「寧夏夜市」「饒河街夜市」といった有名夜市に比べると観光客の数は少なくローカルな雰囲気を感じることができます。また美味しいお店もたくさんあるのでおすすめの夜市ですよ。というわけで今回はここ南機場夜市の人気屋台「基隆黑輪綜合甜不辣」を紹介したいと思います。

基隆黑輪綜合甜不辣

南機場夜市の關東煮屋台

南機場夜市の入り口(と思われる場所)から入って最初の交差点にある屋台「基隆黑輪綜合甜不辣」。關東煮と呼ばれる台湾風のおでんのお店です。
このお店、南機場夜市でもかなり人気のあるお店で行列ができていることも珍しくないんですよ。で、注文方法なんですが內用(イートイン)、外帶(テイクアウト)ともに列に並びます。席数が少ないのでまず席を確保して並ぶのが良いですね。ただし席の方は並んでるような雰囲気はなかったので空いたらすかさず押さえましょう。

メニューはこちら。といっても値段が書いてないのですが・・・

よく見ると小さな紙に値段が書いてありました。時價(時価)と言いながら値段が書いてあったりするんですがとっちが正しいんだろう?

ショーケースに食材が陳列されているのでこれを見ながら注文してもいいですね。しかしすごい陳列の仕方ですね(笑)。

具材を煮込んでいる様子はまさにおでんですね~。こっちを見て注文する方がいいかもですね。

「1人40元以上注文してね」って書いてます。「じゃあ値段書いてよ」って思ってしまいますが(笑)、まあ3種類ほど注文すれば40元以上にはなると思います。

日本にはない珍しい具が・・・

日本のおでんには見られない面白い具がいろいろとあるのですが注文したのはこちら「菜捲」「龍鳳腿」「甜不辣」「苦瓜丸」の4種類。茶色く見えるのはタレですね。

菜捲、龍鳳腿、甜不辣、苦瓜丸(合計135NTD

箸はテーブルに置いてあります。

スープは無料で付いてきます。おかわりもできるので欲しいときはカウンターに持って行って注いでもらいましょう。

これは「菜捲」というキャベツでお肉を包んだもの。つまりにロールキャベツですね。他の具にも言えることですがちょっと味が薄いのでタレにつけて食べるのがいいと思います。タレがなんだかよく分からないのですが味噌ダレかな? 

龍鳳腿」というのは魚のすり身や野菜などを使ってお肉に似せて作ったもの。初めて食べましたがなかなか美味しかったですよ。でもさすがにお肉の味ではなかったですけどね(笑)。

こちらは滷味や鹽酥雞でもお馴染みの「甜不辣」。これはもう安定の美味しさですね。

苦瓜丸」という苦瓜の中にお肉を詰めたもの。最初単なる苦瓜のおでんかと思っていたのでちょっとビックリ。苦瓜だけだとちょっと苦みがきついのですがこれならうまく味が調和してますね。

この日食べたもの以外にも「豬血糕」「蛋丸」「玉米」「脆丸」「福袋」「三絲丸」「鑫鑫腸」など興味深いメニューがいろいろとあるのでぜひまた来て食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台北市中正區中華路二段309巷19號
営業時間
17:00~23:00
休日
 

スポンサードリンク