バカ麺って何? 一中街で食べた地元で人気の真っ白麺 – 東記傻瓜麵




台中市中心部にある繁華街の1つ「一中街商圏」。夜になると一中街夜市が開催されることでも有名で台中の誇る人気観光スポットの1つです。また周辺に学校がたくさんあることから学生街としても知られ日中でも多くの学生の姿が見られる賑やかなエリアです。この辺りには有名な飲食店もたくさんあるので昼夜問わず散策するのが楽しい場所ですねー。というわけで今回はここ「一中街商圏」から人気の麺料理店「東記傻瓜麵」を紹介したいと思います。

東記傻瓜麵

一中街商圏の人気麺店

東記傻瓜麵」は台中の一中街商圏にある麺料理のお店。人通りの多い賑やかな場所からはちょっと外れた育才北路沿いで営業しています。

食事時だったせいか店頭の席までお客さんでいっぱいです。

店内で食べる場合はまずカウンターにあるオーダーシートを取ります。

こちらがオーダーシート。左は外帶(テイクアウト)用、右が內用(イートイン)用です。

さて空いてる席を探しましょう、ってすごい混んでますね。評判は聞いてましたがかなりの人気店のようです。

なんとか席を確保してオーダーシートを記入します。これを持って再びカウンターに行って注文・清算します。

真っ白いシンプルな麺、それがバカ麺?

注文したのは看板メニューの「傻瓜麵」、それに「招牌豆腐」と「燒肉」もいただきました。「傻瓜麵」って初めて聞く名前なんですが「傻瓜」というのは「バカ」っていう意味なんですよ。つまり「バカ麺」? なんじゃそりゃ? 名前の由来ははっきりと分からないのですが「茹でただけの真っ白い麺で作るのが簡単なのでバカしか注文しない」といった説があるようです。

傻瓜麵・小40NTD)、招牌豆腐・小30NTD)、燒肉45NTD

おすすめの食べ方が書いてあります。「烏醋」「辣渣」「辣油」という調味料を使うみたいですね。なんか変な日本語が混ざってますが(笑)・・・
A:傻瓜麵+烏醋
B:傻瓜麵+烏醋+辣渣
C:傻瓜麵+烏醋+辣渣+辣油
Aは香りがよい、Bはちょっと辛い、Cは激辛ということらしいですね。

調味料はテーブルに置いてあります。黒いのは「醬油」、黄色いのは「烏醋」、赤いのは「辣油」、ビンに入っているが「辣渣」のようです。「辣渣」というのは唐辛子、花胡椒、ウイキョウなどを混ぜた調味料。辛そうですよね。自分は辛いのが苦手なので「烏醋」だけにしておきました。辛いのが好きな人は「辣油」や「辣渣」も試してみてください。

こちらが「傻瓜麵」。あまり真っ白という感じではないですね。まあタレがかかってるからでしょうね。麺にはネギと肉団子がトッピングしてあります。

烏醋」をかけてよくかき混ぜていただきます。わりと歯応えがあっていい食感ですね。台北の小南門付近で食べた福州乾麵に似てますがたぶん同じなんじゃないかな? 「烏醋」の風味もよく合ってなかなか美味しい。

これは「招牌豆腐」。「招牌(おすすめ)」と付いているので注文したのですがこれはピータンと豆腐を合わせた「皮蛋豆腐」ですね。炸醬とキュウリがトッピングされていて冷奴みたいな感じで美味しいです。

こちらは「燒肉」。といっても日本の焼肉とは違って焢肉のような豚肉の煮込みです。濃いめの味でこれはご飯が欲しくなりますね~。白飯もあるみたいなので今度ご飯と合わせて食べてみたいです。

店舗情報

住所 台中市北區育才北路13號
営業時間
10:30~20:30
休日
 

スポンサードリンク