滷味が美味しい臺東美術館近くの麺料理屋さん – 林記阿達滷味麵食館




台湾の東海岸に位置する街「台東」に行ったことはありますか? 高鐵(新幹線)の通っている台北、台中、台南、高雄といった都市に比べるとアクセスがちょっと不便なので「まだ行ったことがない」という人が多いのではないでしょうか。高雄から台鉄に乗っても台東までは3時間ほどかかってしまうんですよね。それでも台東はきれいな海や田園風景など自然の魅力が満載の素晴らしい街なのでぜひ訪れてほしいものです。そしてもちろん台東の美味しい食べ物も見逃せません。というわけで今回は台東の地元住民に親しまれているお店「林記阿達滷味麵食館」を紹介したいと思います。

林記阿達滷味麵食館

魯味が美味しいと地元で評判のお店

林記阿達魯味麵食館」は台東の繁華街からちょっと離れた浙江路沿いにあるお店。もうちょっと先へ行くと臺東美術館が見えてきます。地元ではかなり知名度のあるお店で店名の通り麺料理と魯味が中心。とりわけ魯味が美味しいと評判なのです。

開店してまだ間もないのですがすでにお客さんが店頭に集まっています。

お店に入ったらまず入り口のカウンターにオーダーシートがあるので1つ取って空いてる席に座りましょう。

店内はまあまあ席数がありますがほぼ満席状態。すごい人気ですねー。

オーダーシートのメニューは麺とスープ。魯味は店頭で直接注文します。麺は細麵(肉そぼろがトッピングされたシンプルな麺)、麻醬麵、陽春麵、油麵、餛飩麵、米粉などがありますが個人的におすすめは細麵の乾(スープなし)です。オーダーシートを記入したらカウンターに持っていきましょう。

続いて魯味の注文。赤い入れ物とトングがあるので自分で食べたいものを選びます。

選んだ後は席番号を告げてその場に置いておけばOK。後で食べやすく切り分けて席に持ってきてくれます。

お店の奥にはお茶やジュースがあるので飲みたい場合は自分で取っていきます。

ボリューム満点の乾麵と魯味

麵からは「細麵」の「」、つまり乾麺ですね。メニューに「細麵」と書いてあると「何の細麺だよ?」って思うかもしれませんが台湾ではよく見られるシンプルな乾麺、或いは湯麺のことです。魯味は2種類選んでみました。

細麵・乾・小40NTD)、貢丸10NTD)、魯味(合計80NTD

箸や調味料はこちらから。

小サイズですがこのボリューム。大サイズなんて1人で食べれるんだろうか? と思ってたら相席したお客さんが1人で大サイズを食べてて感心してしまいましたね。麺には肉燥がトッピングされています。肉団子は別で注文した貢丸です。

よく混ぜていただきましょう。台湾の麺はあまりコシがなくて柔らかい場合が多いのでですがこれはなかなか歯応えがあって美味しいですね。肉燥の香りも食欲をそそります。

けっこう大きくてビックリした貢丸。肉肉しくて旨味があって美味しいです。

魯味は2種類しか選んでなかったのですがこちらもけっこうなボリュームです。刻みネギと酸菜が付け合わせされてます。

魯味の定番「豬耳朵」。コリコリとした食感で美味しいですよ。

適当に選んだのでよく分かりませんがこれはたぶん「腱子肉」かな? 噛みしめるとギュッと旨味が溢れてきます。魯味は初心者にはちょっと敬遠しがちな食材が多いのですが、この辺の食材なら普通のお肉とあまり変わらないので抵抗感がないのでは?

シンプルな麺に魯味というどちらかというと地味な印象なのですが地元住民に親しまれるおすすめのお店ですよ。

店舗情報

住所 台東市浙江路309號
営業時間
17:00~1:00
休日
 

スポンサードリンク