東区のおしゃれなお店でいただく昔ながらの麺料理 – 瘦虎麵屋




飲食店の新陳代謝が激しい台湾ですが、新しくできるお店は洋食やカフェばかりとは限りません。おしゃれなカフェのような雰囲気で敢えて昔ながらの台湾小吃を提供するというお店だってあるんです。若者の街、東区にある「瘦虎麵屋」は外観だけみると「パスタやハンバーガーでも売ってるのかな?」といった印象ですが、扱っているのは伝統的な台湾小吃。モダンな雰囲気のなかで昔ながらの味が楽しめるというわけです。というわけで今回はその「瘦虎麵屋」に行ってみましたので紹介したいと思います。

瘦虎麵屋

おしゃれな雰囲気で定番の台湾小吃

MRT忠孝敦化駅から歩いて5分ほどの場所にある瘦虎麵屋。一見するとおしゃれな洋食店のような雰囲気ですが、実は乾拌麵排骨飯餛飩湯などなど台湾の昔ながらの料理がいただけるお店なのです。

店内は整然として清潔感があります。2017年の年末にオープンしたということなのでほぼ1周年ですね。

テーブルにオーダーシートがあるので記入します。

食べたいものにチェックを入れて店員さんにわたしましょう。下はテーブル番号を書き忘れてます(笑)。イートインする場合は「內用」の欄にテーブル番号も書きましょう。

小菜は食べたいものを自分で取ってくればOK。1皿30元、2皿で50元です。

冷蔵庫に飲み物もあります。

おすすめの乾拌麵と餛飩湯

おすすめの乾拌麵とワンタンスープを注文。それに小菜の棚から小黃瓜(キュウリ)を取ってきました。左下の紅燒肉はお店の人がサービスしてくれましたよ。

瘦虎乾拌麵・小50NTD)、餛飩湯40NTD)、小黃瓜30NTD

乾拌麵には油蔥酥(フライドオニオン)、肉燥(肉そぼろ)、刻みネギがトッピングされています。

底の方にタレが沈んでいるのでよくかき混ぜていただきましょう。シンプルな麺料理なんですが香ばしいネギのいい香りが食欲を刺激します。麺も軟らかすぎずほどよくコシがあってとっても美味しいです。

ややピリ辛の小黃瓜。小菜の定番ですが濃いめの味付けでけっこう好きな味です。

あっさり味のスープに肉の旨味たっぷりのワンタン。プリプリの食感でツルっと食べれてしまいます。

おまけしれくれた紅燒肉。これも台湾小吃の定番であり瘦虎麵屋の一押しの料理。麺よりもご飯ものがよければ紅燒肉がご飯にのった紅燒肉飯がおすすめですよ。

ちょっとお洒落な雰囲気で台湾の昔ながらの料理を食べることができるお店です。キレイな店内なので女性も入りやすいと思いますよ。

店舗情報

住所 台北市大安區延吉街62巷9號
営業時間
月~木12:30~14:00、17:00~21:00
金12:30~14:00、17:00~23:00
土17:00~23:00
休日
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク