ズッシリ1枚の重さが8兩(300g)のフライドチキン – 一中8兩碳烤雞排




台湾の人気B級グルメ「雞排(フライドチキン)」。日本でもすっかりお馴染みになってますがその理由はやっぱりビックリするような大きさですよね。台北の「豪大大雞排」が有名ですがどこの街に行っても美味しい雞排のお店はたくさんあります。特に夜市では必ずと言っていいほど目にしますねー。中でも台中の一中街夜市は人気の雞排のお店がたくさん集まる激戦区。今回はその中の1つ「一中街8兩雞排」を紹介したいと思います。

一中街8兩雞排

一中街で人気の雞排(フライドチキン)屋台

台中を中心に宜蘭や雲林にも支店がある人気雞排店の「一中街8兩雞排」。その本店である一中街にある「一中街8兩雞排創始店 總店」にやって来ました。

この辺りは「一中街夜市」で有名なエリアなのですがご覧のように昼間でも賑やかなのが特徴なんですよね。「一中街8兩雞排」にも行列ができていましたよ。

さっそく行列に並んで買ってみましょう。メニューは「碳烤雞排」と「椒鹽雞排」の2種類。ですがほとんどのお客さんが「碳烤雞排」を注文しています。

屋台中広告だらけですね(笑)。「8兩」というのは重さのことなんですよ。「1斤(600g)」が「16兩」なので「8兩」はその半分の300gですね。雞排1枚が「8兩(300g)」あるというので「一中街8兩雞排」という店名なのです。

碳烤雞排」は鶏肉を揚げた後に更に焼き上げるのが特徴なのです。

こちらのお店では基本的に雞排は切ってくれます。もし切りたくなくて1枚のままがよいのなら注文するときに店員さんにその旨を伝えましょう。

注文するとこのように食べやすい大きさにザクザクと切ってくれます。それにしても1枚がデカい!

タレが染み込んだ雞排は絶品の美味しさ

というわけで「碳烤雞排」を購入しました。

碳烤雞排65NTD

切っているのであまり見た目のインパクトはありませんがズッシリとした重量感があります。

衣は香ばしさを保ちながらも甘辛いタレが染み込ませてあるのでジュワーっと美味しさが口の中に広がります。鶏肉も柔らかくてジューシー。これは人気があるのも頷けますねー。かなりのボリュームですがあまりの美味しさにペロっと食べてしまいましたよ。「椒鹽雞排」の方もちょっと気になるので今度来たら食べてみたいですねー。

店舗情報

住所 台中市北區尊賢街9號
営業時間
11:30~23:30
休日
 
FB

スポンサードリンク