台中発の人気フライドチキンチェーンに行ってみた – 繼光香香雞 J&G Fried Chicken




台湾にある人気店の中には実は台中発というお店が結構あるんですよ。例えばタピオカミルクティー発祥のお店、春水堂はいい例ですよね。他にも最近大ブレイクした黒糖タピオカミルクの老虎堂 Tigersugarやモンスターかき氷の路地 ろじもそうですね。今回紹介する繼光香香雞 J&G Fried Chickenもそんなお店の1つ、台中発祥のフライドチキンの人気チェーンです。台湾全土に40店あまり、香港やマレーシアなど海外にも展開しています。今回はその繼光香香雞 J&G Fried Chickenの台中の本店に行ってみましたので紹介したいと思います。

繼光香香雞 J&G Fried Chicken

繼光街の本店にやって来ました

台中駅前、台湾大道の繼光街の交差点、繼光商店街の入り口にあるこちらのお店が繼光香香雞 J&G Fried Chickenの総本山です。台湾の雞排(フライドチキン)のお店といえば屋台のような小さな店舗が一般的ですがさすが本店だけあってデカい!

看板に1973と書いてますが、繼光香香雞 J&G Fried Chickenは1973年のオープン。創業40年以上の老舗なのです。ちなみに運営会社の香繼光集團 J&G GROUPは天ぷらの有名店「金子半之助」の台湾での代理店も務めています。
入り口にはマスコットがおります。

鶏一匹使った薄皮一隻雞も人気。3人くらいで食べてちょうど良いボリュームです。ちなみに半分の半雞というのもありますよ。

カウンターの左側で注文。右側で受け取ります。お客さんが多いときは出来上がりまで少々時間がかかります。

一番人気なのは店名にもなっている香香炸雞、その他激辛の地獄辣腿丁、軟骨を揚げた極饌雞軟骨などなど。イカフライ、キノコのフライ、てんぷらのフライといったメニューもあります。

ドリンクメニューにはビールも。

水出しのお茶があるところはさすが台湾。

本店にはイートインスペースもあります。あまり席数はありませんがテイクアウトしていくお客さんがほとんどなので比較的座りやすいと思いますよ。

スパイスやクシはセルフサービスで。

カリっとジューシーな香香炸雞

一番人気の香香炸雞、それに甜不辣(てんぷら)のフライ、水果冰茶を注文しました。

香香炸雞・中80NTD義式墨魚甜不辣・原味55NTD)、水果冰茶45NTD

数十種の香辛料に漬け込んだお肉を注文を受けてから揚げる香香炸雞。外側はカリっと、中はジューシーに仕上がっています。独自のスパイスがよい風味を作り出しているのが香香雞という名前の由来のようです。

魚のすり身とイカ墨を合わせたてんぷらのフライ。真っ黒い姿が印象的です。台湾式の手法でイタリアンな風味に仕上げているということらしいです。ちょっとどの辺がイタリアンなのかは分かりませんが・・・ それはともかくモッチリした食感がよく美味しいことに変わりはありませんよ。

ドリンクメニューから水果冰茶を。これがウマい! フライドチキンがまだ残ってるのに危うく一気に飲み干してしまうとこでした。専門店でなくてもこの美味しさっていうのはさすが台湾ですねー。

台中駅から歩いて5分ほどの場所なので行きやすいしイートインスペースもあるので座ってゆっくり食べることができますよ。

店舗情報

住所 (繼光店)台中市中區繼光街91號
営業時間
11:00~22:00
休日  
FB 繼光香香雞 J&G Fried Chicken
HP J&G Fried Chicken 繼光香香雞


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク