永康街から足を延ばして黒いおにぎりと黒い豆花を食べに行こう – 員林商店




台湾にもおにぎりがあるんですよー。コンビニに行くと日本と同じように三角のおにぎりが並べてあります。台湾では「飯糰」と呼ばれていて種類も肉鬆や雞肉飯など台湾らしい個性が出ています。やっぱり食文化にも近いものがあるんですねー、と、いやそうではなくて実は台湾にはもっと面白い「台湾風のおにぎり」があるんですよ。豆漿店や飯糰の専門店で売られているおにぎりはとにかくデカくて具だくさん。1個でじゅうぶん朝ごはんになるほどです。というわけで今回は台北にある黒い「飯糰」が人気のお店「員林商店」に行ってみましたので紹介したいと思います。

員林商店

飯糰(台湾式おにぎり)と豆花のお店

員林商店」にやって来ました。すでに有名なお店なんですがどのMRTの駅からもちょっと距離があるのでなかなか足が向かなかったのですが今回久しぶりに。永康街に行ったついでに寄って見るとそんなに遠く感じないと思いますよ。

外観はちょっと食べ物屋さんに見えないところがありますが飯糰(台湾式おにぎり)や豆花を売っています。

飯糰、豆花の他にも湯圓、花生湯、綠豆湯、酸梅湯、青草茶なども。店頭で口頭で注文して空いてる席に座ります。このときは知らなかったのですが日本語のメニューもあるようなので見せてもらうとよいと思います。

黒米の飯糰と黒豆の豆花

ピーナッツ入りの豆花「花生豆花」をイートインで、「黑飯糰」(台湾式おにぎり)をテイクアウトでいただきました。

黑飯糰35NTD)、花生豆花35NTD

員林商店」の豆花は黒豆から作られているのでご覧のようにちょっと黒っぽい色をしています。もうちょっと正確に言うとこちらのメニューには黒豆から作られた黒い豆乳「黑豆漿」があるのですが、その豆乳から作られたのがこの「黑豆花」。とは言っても味の方は一般的な豆花とそんなに変わらないですね。シロップがやや甘さ控えめなので相対的に豆の味がより強調されているような気がします。

黑飯糰」は持ち帰ってホテルで食べました。

見えやすいと思ってお皿に出してみたのですが袋から出すとご覧のように崩れてしまいました(笑)。「飯糰」って日本のおにぎりのように握りがしっかりしてない、というか具が多過ぎて完全に握れないといった方がしっくりきますね。袋で固定してるような感じなので袋に入れたまま食べることをおすすめします。

で、その多過ぎる具は何かと言うと油條(中華風揚げパン)、肉鬆(でんぶ)、菜脯(台湾風のたくあん)などなど具だくさん。やっぱりご飯の中に揚げパンが入ってるのは衝撃的。でもこれが意外に美味しいんですよ。黒米のプチプチとした歯ごたえもいいですねー。

6時半という朝早くから開いているので朝ごはんに飯糰と花豆という組み合わせもいいですね。あと個人的に「花生油條」というのがちょっと気になったので今度来たら食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台北市大安區金山南路二段129號
営業時間
6:00~19:30、土日6:30~17:00
休日
 

スポンサードリンク