8種類の具が入った超具だくさんの台湾式おにぎり! – 海島飯糰




台湾でもコンビニに行くと日本と同じようにいろんな種類のおにぎりが売られているんですよ。でもこれとは別に「飯糰」と呼ばれる台湾独特のおにぎりがあって、朝ごはん屋さんや路上の屋台でよく売られています。日本のおにぎりとは全く別物で驚くのはその大きさ。飯糰1つでお腹いっぱいになるほど豪快なのです。それに具の豊富さも特徴でゆで卵、漬物、デンブ、たくあん、揚げパンなど実にいろんな具が入ってます。「飯糰」もぜひ食べてほしい台湾グルメの1つですね。というわけで今回は台中の朝ごはん屋さん「海島飯糰」で食べた超具だくさんの「飯糰」を紹介したいと思います。

海島飯糰

北屯区の小さな朝ごはん屋さん

海島飯糰」は台中の北屯区にある小さな朝ごはん屋さん。文心路と崇德路の交差点付近の路地裏で営業しています。朝6時から昼前の11時まで営業しています。

入り口にオーダーシートが置いてあったので1枚取って店内へ。

お客さんのほとんどはテイクアウトなので店内はいたって簡素。このざっくりした感じがいいですね(笑)。

よく見ると店内のテーブルにもオーダーシートが置いてありました。

飯糰(台湾式おにぎり)には何種類かあります。それぞれどんな具材が使われているか詳しく書かれているメニューがあるので参考にしましょう。また追加の具材として起司(チーズ)(+10元)、油條(中華風揚げパン)(+5元)や蔥蛋(ネギ入り卵焼き)を荷包蛋(目玉焼き)に変更(+5元)なども可能です。

オーダーシートを記入したら店員さんに渡しましょう。

超具だくさんの台湾式おにぎり

飯糰(台湾式おにぎり)は店名にもなっている「海島飯糰」。それに「阿薩姆奶茶(アッサムミルクティー)」を注文しました。

海島飯糰45NTD)、阿薩姆奶茶・大・冷(20NTD)

飲み物は「阿薩姆奶茶(アッサムミルクティー)」をいただきました。

海島飯糰」は言ってみれば綜合飯糰みたいな感じですね。いろんな具材をミックスしたおにぎりでその内容は爌肉、蔥蛋、滷蛋、肉鬆、菜脯、酸菜、油條、味島香鬆となんと8種類! ちなみに味島香鬆って何なのかと思ったらどうもふりかけみたいですね。

やっぱり油條のの存在感がすごいですね。ご飯にパンという日本では考えられない組み合わせですが食感が違うので意外に合う。それに蔥蛋(ネギ入り卵焼き)と滷蛋(煮卵)と卵の具材が2種類入ってるのもすごい。まるで1個で定食でも食べてるかのようなおにぎりです!

海島飯糰」の他にも「燒肉飯糰」「香腸飯糰」「牛肉飯糰」などもおすすめ。またトーストや蛋餅もあるのでぜひ朝ごはんを食べに行ってみてくださいね。

店舗情報

住所 台中市北屯區瀋陽路三段38號
営業時間
6:00~11:00
休日
FB

スポンサードリンク