出勤前、通学前の人達が買っていく台北駅前のおにぎり屋さん – 飯糰霸




飯糰というのは台湾式のおにぎりのこと。朝早くからあちこちで飯糰の屋台が営業していて通勤前、通学前の人達が朝ごはんに飯糰を買っていく姿をよく見かけます。日本のおにぎりとの違いはまずその大きさ。飯糰1つでお腹いっぱいになるほど豪快なんです。そして具の豊富さも特徴。日本のように1種類ではなく、ゆで卵、漬物、デンブ、たくあん、揚げパンなどなど、いろんな具がぎっしりと入ってます。揚げパンが入ってるなんてちょっと驚きですよね! 日本とはずいぶん違うのでぜひ食べてみてほしい台湾グルメです。というわけで今回は台北駅前にある人気のおにぎり屋さん「飯糰霸」を紹介したいと思います。

飯糰霸

台北駅前の行列のできるおにぎり屋さん

台北駅前の公園路沿い、MRTの8番出口を出て1分もかからない場所に早朝行列を作るおにぎり屋さんがあります。出勤前、通学前であろう人達が朝ごはんにおにぎりを買うために並んでいるのです。

お店の壁や柱にはメニューがビッシリ。すごいですね。おにぎりだけでなくお粥も販売しているみたいですねー。

というわけで列に並びましょう。

順番がきたら口頭で注文します。メニューは原味飯糰(プレーン)、加蛋飯糰(玉子焼き)、海苔飯糰(のり)、鮪魚飯糰(ツナ)、柴魚飯糰(鰹節)など具によって異なります。いろんな具を試してみたいなら招牌總匯飯糰(ミックス)をおすすめです。

油條(揚げパン)、菜脯(たくあん)、酸菜(漬物)、卵焼きなど台湾のおにぎり特有の具が並んでいます。これらをご飯にくるんでビニール袋を使って手際よく握っていきます。

具だくさんでボリューム満点!

というわけで買ってきましたー。玉子焼き入りの加蛋飯糰です。

加蛋飯糰(玉子焼き入りおにぎり)(35NTD

ビニール袋にくるまれたお馴染みのスタイル。日本の通常のおにぎりのゆうに2倍はありそうなボリュームです。ちなみに飯糰はもち米が使われていてお米一粒一粒の存在感があります。

中は卵焼き入り。おにぎりの具というよりもうご飯のおかずレベルの大きさで入ってますよ。加蛋飯糰(玉子焼き入りおにぎり)とは言っても他に油條(揚げパン)、菜脯(たくあん)、酸菜(漬物)、肉鬆(デンブ)など定番の具も入ってますね。ビックリするくらい大きなサイズなんですが具がたっぷり入っているので意外にペロリと平らげてしまいます。油條(揚げパン)や肉鬆(デンブ)といった日本人にはちょっと不思議な具もあるんですが、これが意外にマッチして美味しいんですよね~。

台北駅前に滞在するなら朝ごはんに食べてみてはどうでしょう。ホテルの朝食もいいですが台湾の庶民的な朝ごはんにぜひトライしてみましょう!

店舗情報

住所 台北市中正區許昌街2號
営業時間
6:00〜20:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク