毎朝行列の人気屋台で具だくさんの豪快おにぎりを食べてみた – 漢口飯糰




台湾で豆漿店や朝ごはん屋さんに行くと必ずと言っていいほどメニューに名前のある飯糰飯糰とは台湾式のおにぎりのことで、日本のおにぎりとの大きな違いはそのボリューム。具だくさんで巨大なおにぎりは1個でじゅうぶん朝ごはんになるほど豪快なのです。また具にはデンブや揚げパンといった独特の具が入っていて、これが意外によく合って美味しいんですよ。お店によって独自の具をアレンジするなどバリエーションもいろいろと豊富。というわけで今回は台中の人気飯糰屋台の1つ「漢口飯糰」を紹介します。

漢口飯糰

漢口路の小さな飯糰屋台

台中のメインストリートである台湾大道から台中屈指の高級ホテル長栄桂冠酒店(エバーグリーン ローレル ホテル)のちょっと先にある漢口路に入って500mほど進むと交差点にセブンイレブンがあります。その脇で早朝から行列を作っている小さな屋台が漢口飯糰です。

店名の通り漢口路で飯糰(台湾式のおにぎり)を打っているお店です。メニューには飯糰の他にも蛋餅も数種類ありますが、ほとんどのお客さんは飯糰を買っていきます。

中でも人気なのがネギ入りの卵焼きが具として入っている蔥蛋飯糰

おにぎりを握っている隣では蔥蛋(ネギ入り卵焼き)が次々と焼かれていますよ。

飯糰の作り方は豪快そのもの。ビニール袋越しにご飯をとって・・・

いろんな具を次々とのせていきます。しかもおにぎりの具とは思えないほど大量。

更に隣で焼き上げられた蔥蛋と油條(揚げパン)を入れ・・

そのまま形を整えてビニールにくるんで出来上がりです。

具だくさんの豪快飯糰

蔥蛋飯糰奶茶を買ってきましたー。もう具がはみ出すどころではない豪快さです(笑)。

ビニール袋から出してお皿に置いてあるのですが、買ってすぐに食べるのであれば袋に入ってるまま食べたほうがよいですよ。具が大量に入ってるので袋から出すとすぐに形が崩れてしまいます。特に台中の飯糰は、台北でよく見られるきれいな筒形と違って岩のように豪快なので尚更なんです。

蔥蛋飯糰40NTD

悠遊カードと比べるとその大きさが分かると思います。蔥蛋(ネギ入り卵焼き)の他、油條(揚げパン)、菜脯(たくあん)、肉鬆(デンブ)、酸菜(漬物)など飯糰の定番の具が入ってます。これがホントうまい具合にいい組み合わせなんですよね~。菜脯の歯応え、肉鬆の甘味、酸菜の酸味、そして意外にマッチする油條のザクザクをした食感。そこにふんわりとねぎの香りのよい蔥蛋が混然一体となった絶妙の美味しさ。そして食べ応えも充分!

甘いミルクティー、奶茶も一緒に。

奶茶15NTD

台中には人気のある飯糰のお店がいくつかありますが、ここ漢口飯糰は間違いなくその中の1つですよ。

店舗情報

住所 西屯區漢口路一段153號
営業時間
6:15〜11:00
休日 日 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク