笑えるほど豪快! 爌肉が丸ごと入った台湾式おにぎり – 臻味登前無名飯糰

台中の朝ごはんといえば爌肉飯、炒麵、豬血湯などが代表的ですが飯糰(台湾式おにぎり)もおすすめ。「飯糰なら台湾のどこでも食べられるんじゃ・・・」と思うかもしれませんが台中の飯糰はちょっと違うのです。何が違うのかというとその豪快さ。台北などでよく見られる飯糰も日本のおにぎりと比べるとじゅうぶん豪快なのですが、台中の飯糰はそれを上回る迫力! もう笑ってしまいそうなほど圧倒的な存在感があります。というわけで今回は台中の太平区にある人気おにぎり屋台「臻味登前無名飯糰」を紹介します。

臻味登前無名飯糰

知る人ぞ知る太平区の人気おにぎり屋台

臻味登前無名飯糰は台中の太平区にある飯糰(台湾式おにぎり)の屋台です。台中駅からは4㎞ほど離れた場所にあり知る人ぞ知る人気のお店なのです。

実ははっきりした店名がなく、下の写真を見て分かるように臻味登という朝ごはん屋さんの前にあるので臻味登前無名飯糰と呼ばれています。おにぎりのその豪快さから太平超狂控肉飯糰などとも呼ばれています。
2018022502
臻味登の前って聞いてたんですけど、完全にお店の中に入ってますよねコレ。どうも臻味登で飲み物など購入すればイートインもできるようなのですが、臻味登がやってる屋台なのかな? そのへんはちょっと謎です。それにしても朝早くからもう行列ができてる人気ぶりです。
2018022503
メインの飯糰の他にも刈包(台湾式バーガー)も人気です。それぞれ照焼鷄腿、控肉(爌肉:豚角煮)、香燻鷄腿、香腸(台湾ソーセージ)、鮪魚(ツナ)、培根(ベーコン)、猪排(ポークリブ)、香Qなど具によってメニューがいろいろと。香Qってなんだろう?
2018022504
具と言っても日本のおにぎりのように小さく入ってるわけではないのが台湾式おにぎり、飯糰の面白いところ。1番人気の爌肉(豚角煮)など通常の大きさのものが用意されていて・・・
2018022505
そのままおにぎりに入れてしまいます。
2018022506
なのでおにぎりも特大。大きな具を大量のごはんで包んで握っていきます。
2018022507 2018022508

控肉飯糰と香腸刈包

というわけで購入しました。飯糰刈包を1つずつ。

お皿にやっと1個のるほどの大きさ。

すごいボリューム! 具が隠れきれてませんね、これで小サイズですよ。台北だと飯糰といえばきれいな円柱の形をしてるんですが台中の飯糰は岩のように豪快なのが特徴。

控肉飯糰・小40NTD

分かりやすいように悠遊カードと並べてみます。とんでもない大きさです。

中に入っているのは爌肉(控肉)の他にも油條(揚げパン)、豆干、香腸、菜脯(たくあん)、酸菜(高菜のようなもの)、滷蛋(煮玉子)など具だくさんです。

もう具と言うよりおかずですよね(笑)。揚げパンなど日本のおにぎりからするとちょっと考えられないようなものが入っているのですがこれが意外に美味しいんですよ。


刈包は香腸(台湾ソーセージ)を選びましたよ。

香腸刈包35NTD

甘い味付けが独特の台湾ソーセージの香腸、他に花生粉(ピーナッツ粉)、酸菜、香菜などが入っています。この香腸がホント美味しいんですよ、クセになる味です。それに刈包は花生粉と酸菜がポイント。特に花生粉がいい味を出してて欠かせない存在です。

中心部からはちょっと距離がありますが台中独特の豪快な飯糰が堪能できるお店の1つです。
2018022518

店舗情報

住所 台中市太平區成功東路6號
営業時間
6:00〜12:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク