士林夜市で台湾の定番B級グルメ牡蠣オムレツを食べよう – 忠誠號蚵仔煎




台湾のB級グルメの代表格として日本でもよく知られている「蚵仔煎(牡蠣オムレツ)」。オムレツとは言っても蕃薯粉(サツマイモ粉)や太白粉(片栗粉)など澱粉を粉末状にしたものが材料として使われているのでフワフワというよりモッチリといった食感が特徴です。台湾に来たらぜひ食べてみたい、と思っている人もいますよね。というわけで今回は台北の士林夜市にある人気の牡蠣オムレツのお店「忠誠號蚵仔煎」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

士林夜市を食べ尽くそう! おすすめB級グルメを紹介します!

2018.11.27

忠誠號蚵仔煎

士林夜市で人気の牡蠣オムレツ

忠誠號蚵仔煎」は士林夜市内に2店舗ある蚵仔煎牡蠣オムレツ)のお店。1つは士林市場横の路地裏、もう1つは士林市場の美食区(B1)にあります。今回は前者の方へ行ってみました。

牡蠣オムレツといえば台湾のB級グルメの代表格。台北にもたくさんのお店がありますが「忠誠號蚵仔煎」はその中でも特に有名なお店です。暗くなって夜市が賑やかになってくると大勢のお客さんがやって来ますが、このときはまだ日が落ちる前だったので空いていました。

店外にもメニューがあるのでチェックしておくといいですね。

お店に入るとすぐ右手にオーダーシートが置いてあります。

牡蠣オムレツ(蚵仔煎)のお店なのですが天婦羅、臭豆腐、魯肉飯、それに熱的な料理などけっこうメニューが豊富です。

オーダーシートを記入したらこちらのカウンターで注文・清算します。

注文を終えたら空いてる席へ。

番号札をくれるのでテーブルの上に置いておきましょう。料理が出来上がったら店員さんが持ってきてくれます。

オムレツの中には小ぶりの牡蠣がたっぷり

まだお客さんが少なかったせいかそれほど待つことなく料理が運ばれてきました~。注文したのは牡蠣オムレツの「雞蛋蚵仔煎」、それに臭豆腐の「脆皮臭豆腐」もいただきました。

雞蛋蚵仔煎65NTD)、脆皮臭豆腐50NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。

この店名入りの箸、ちょっとシブいですね。

どちらも辣椒醬のようですが左の方が辛いみたいです。こちらはお好みで。

こちらが牡蠣入りオムレツの「雞蛋蚵仔煎」。他にもエビ入りの「雞蛋蝦仁煎」、牡蠣とエビの両方が入った「雞蛋綜合煎」、また何にも入っていない「雞蛋煎」などがあります。

ややモッチリ感のある生地の中には小ぶりの牡蠣がたっぷり入っています。茶色いソースがちょっと見栄えが悪いかもしれませんがこれはオリジナルの甜辣醤なんだそうです。甘辛くてこれがなかなか美味しいんですよ。

牡蠣オムレツの他に「臭豆腐」も注文。

外側はサックリ、中はふっくらとした食感が絶妙。このバランスが悪いと中途半端な食感になるのですがこれは美味しい。タレの味もよく合っているし、付け合わせの泡菜といっしょに食べてもいいですね。こちらもおすすめですよ。

士林夜市に来たらこちらの牡蠣オムレツをぜひお試しを。ボリュームもほどほどなのでおやつ感覚で食べるのもいいと思います。ほとんどの人は地下のお店に行ってるようですが地上のお店の方も広くてきれいなのでおすすめですよ。

店舗情報

住所 台北市士林區大東路15-32號
営業時間
15:00~1:00
休日
 
FB

スポンサードリンク