台北でドラゴンマークのタピオカミルクを飲んでみた – 吉龍糖黑糖紅茶專賣店




「台湾と言えばタピオカミルクティー」日本ではそういう印象があるかもしれませんが、実は台湾では空前の「黒糖タピオカミルク」ブーム。そう、「黑糖珍珠鮮奶」なので「タピオカミルクティー」ではなく「黒糖タピオカミルク」なんですよ。台中の「Tigersugar 老虎堂」が火付け役となって一大ブームを作りだしたのですが「タイガーの次はドラゴン?」というお店が登場。というわけで今回はドラゴンマークのドリンクスタンド「吉龍糖黑糖紅茶專賣店」の黒糖タピオカミルクを紹介したいと思います。

※「吉龍糖黑糖紅茶專賣店 民權天祥店」は閉店しました。

吉龍糖黑糖紅茶專賣店

タイガーの次はドラゴン?

MRT民權西路駅を出て民權西路を東に歩いて行くとすぐに「吉龍糖黑糖紅茶專賣店」が見えてきます。ちなみにとなりに「塩。パン」というお店があるのですが、他の店舗でもこの「塩。パン」が隣接してたんですよね。何か関係があるのかな? 同系列?

吉龍糖黑糖紅茶專賣店」ということでドラゴンのロゴ。

こちらが人気の黒糖タピオカミルク。インスタグラマーが放っておかなそうなルックスですねー。

なんかわざわざ各メニューのカロリーが書いてあるのですが(笑)。

濃厚ミルクの「黑糖珍珠厚奶」

黒糖ミルク系は「黑糖珍珠厚奶」「黑糖珍珠鮮奶」「黑糖鮮奶」の3つ。注音したのは一番人気のある濃厚なミルクが売りの「黑糖珍珠厚奶」。

こんな風にまだら模様になるように注ぐのが今の黒糖タピオカミルクブーム。最初にカップに塗りつけるように黒糖タピオカを入れてその後にミルクを注ぐとこのような模様がつくんですよ。

黑糖珍珠厚奶50NTD

飲むときはよく振ってから飲みましょうね。見た目はこんな風になりますが(笑)。確かに最初からこの状態だと人気がでないかもしれないですね。売り方ひとつでずいぶん違うものです。黒糖が純粋なミルクと混ざることによる甘さなのでミルクティーに比べるとずいぶん甘さは控えめです。タピオカのモチモチ感もよりより強く感じられますねー。これはなかなか美味しい。ボリュームもほどほどなので日本人的にはいいかもですね。

店舗情報

住所 台北市中山區民權西路42-1號
営業時間
11:00~23:00
休日
 
HP 吉龍糖黑糖茶飲全球授權總部
FB

スポンサードリンク