謎の暗号で注文するドリンクスタンドの激うまフレッシュジュース – 惠群鮮奶站




最近個人的に注文している台中市の南区からドリンクスタンドを紹介。日本ではそこら中に自動販売機があるように台湾にはドリンクスタンドが無数に存在します。特に50嵐やCoCo都可など大手ドリンクスタンドチェーンは大人気。台湾に行ったらタピオカミルクティーをはじめバリエーション豊かなドリンクをぜひ飲んでみたいですよね。でも大手だけではなく小さな個人経営のドリンクスタンドにもおすすめのお店はあるんですよ。というわけで今回は台中にある美味しいフレッシュジュースが飲める穴場のお店「惠群鮮奶站」を紹介します。

惠群鮮奶站

謎の暗号で注文する独自のシステム

惠群鮮奶站は台中市南区の國立中興大學近くにあるドリンクスタンド。建成路の1本南を通る仁義街沿いの綠川のそばにお店があります。

御覧のように小さなお店ではあるんですが新鮮なフルーツを使ったフレッシュジュースが美味しくてなかなか人気があるのです。

看板の下に何やら注意書きがあるのですが、これがこのお店のちょっと変わった注文方法でして・・・

お店の正面にはビッシリと手書きされたメニューがあります。

で、メニューをよく見ると小さな字で暗号のような文字が書かれてますよね。例えば「草莓葡萄奇異果」なら「SPK」、養樂多系列にある「百香火龍」なら「火百多」。

これ実はメニューを表す記号でして、注文するときは自分で空のカップとマジックを取って飲みたいメニューの記号を書き込みます。それをお店に人に渡せばOKというちょっと変わった独自のシステムなのです。

最高に美味しい新鮮フルーツのフレッシュジュース!

注文すると試飲させてくれました。甘さを確認して「もうちょっと甘くしたい」「ちょっと甘過ぎる」など希望があればこのとき伝えればOKです。

カップには「芒百多」の文字。何のメニューだか分かりますか? 芒:マンゴー、百:百香果(パッションフルーツ)、多:養樂多(ヤクルト)ってことですね。これらをミックスしたジュースです。
ウマー! パッションフルーツとヤクルトがミックスされてますがマンゴーの存在感は健在。しっかり冷えててマンゴースムージーを飲んでるような感覚です。ウマすぎてあっという間に飲んでしまいました。

養樂多系列・芒果百香70NTD

こちらは「S火Yo」って何だかラップみたいですが、これはちょっと難しいかもですね。S:草莓(イチゴ)、火:火龍果(ドラゴンフルーツ)、Yo:優格(ヨーグルト)ということです。Sってストロベリーですね。
やっぱりイチゴの主張が強いですねー。ヨーグルトが入っているので味がまろやかになってこちらもなかなか美味しいですよ。意外にこちらの方がマンゴーより高いんですね。ヨーグルトが高いのかな?

草莓火龍優格120NTD

あまり観光客の来ないローカルな場所にありますが新鮮なフルーツを使ったフレッシュジュースが飲めるちょっと穴場のドリンクスタンドですよ。

店舗情報

住所 台中市南區仁義街83-1號
営業時間
12:00〜20:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク