台中第五市場でビニール袋入りのレトロな紅茶を飲んでみた – 太空紅茶冰

スポンサードリンク

台中にある市場でまず名前が出てくるのは台中第二市場ですね。その台中第二市場よりやや南西の場所にある台中第五市場をご存知でしょうか? 爌肉飯、麵線、肉包、肉圓など美味しい小吃店がたくさんあるグルメ市場なんですよ。市場には朝から美味しい食事を求めて地元の人達や観光客など多くの人で賑わっています。そんな台中第五市場から今回は昔ながらのレトロな紅茶を販売する太空紅茶冰を紹介します。この市場に来たら外せないお店の1つと言われる人気店なんですよ。

太空紅茶冰

人類が月に降り立った年に・・・

台中第五市場にやって来ました。ここは第五市場の北側にあたる群楽街と自立街の交差点付近。右に見える青と白のしましまの庇のお店が太空紅茶冰です。
2017100402
小さな建物の中のさらに小さな一角で営業しています。これは今まで見てきた中でも最小スペースのお店では・・・
2017100403
太空紅茶冰・・・ 太空っていうのは中国語で宇宙っていう意味なんですよね。つまり宇宙紅茶という、レトロなお店にしては何だかエキセントリックな店名ですよね。どうしてこんな店名にしたんだろう? とお店の人に聞いてみたところ・・

太空紅茶冰は現オーナーのお父さんが1969年にオープンしたんだそうです。1969年というとアポロ11号が月面着陸をした年ですね。その同じ年にオープンしたということで太空紅茶冰という店名にしたそうです。なるほどね〜。
2017100404

袋入りのレトロな紅茶

紅茶はカップ入りが15元と20元。袋入りが10元、15元、20元(50元のもあるらしいですが持ち歩いて飲むようなサイズではなさそうです)。甘さは半糖、6分、7分、全糖というように調整可能。袋入りの一番小さな10元を買うことに。大きな鍋のような入れ物に入った紅茶を汲んで袋に入れてくれるというシンプルな販売方法。
2017100405
袋入りの紅茶、こうして見るとなんだかカワイイですね。レトロな雰囲気がたまりません。味の方は何か特別ということはなく、いわゆる昔ながらの甘い紅茶なんですが第五市場と言えば名前が挙がるほど根強い人気なんですよ。

紅茶冰・袋裝10NTD

第五市場には美味しい小吃店がたくさんあるので、袋入りの紅茶を片手に市場を散策なんていうのはいかがでしょう。
2017100407

店舗情報

住所 台中市西區樂群街41-1號
営業時間
7:00〜15:00
休日  


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク