ひと工夫するだけで大変身、ドライマンゴーの美味しい食べ方




台湾に行ったらお土産にドライマンゴー(乾芒果)を買って帰る人は多いのでは? 台湾と言えばマンゴーなんですがマンゴーそのものを持って帰ることは規制があるので無理なんですよね(泣)。でもドライマンゴーならOK。値段も手ごろだし軽いしかさばらないしでお土産にぴったりです。台湾のドライマンゴーはそのまま食べてももちろん美味しいのですが、ひと手間かけると美味しさがグンとアップ。今回はちょっと工夫をしてドライマンゴーを美味しく食べる方法を紹介したいと思います。

①ドライマンゴーのヨーグルト漬け

ドライマンゴを市販のヨーグルトに漬けこむことで水分を吸収してプルプルの状態に。さらにヨーグルトもマンゴーの風味なるという一石二鳥のレシピ。

材料
ドライマンゴー(100gほど使用しました)
市販のヨーグルト

ドライマンゴーは適当な大きさに切っておきます。

このようにヨーグルトの中に埋め込みます。

完全に隠してしまいましょう。この状態でフタをして冷蔵庫で一晩おきます。

一晩経ってマンゴーを取り出すとごらんのように変身。
(分かりやすいようにヨーグルトを洗い落としてますがそのままで構いませんよ)

ヨーグルトに漬け込む前と比較すると変化がよく分かりますね。

ヨーグルトもマンゴー風味になって一石二鳥です!

②ドライマンゴーでスムージーを作る

①のヨーグルトに漬けこんだマンゴーを使ってマンゴースムージーを作ってみます。

材料
ドライマンゴー:100g(ヨーグルトに漬けこむ前の重さ)
牛乳:200~250ml
氷:5~6個

材料を全てミキサーにかけるだけ。簡単です。牛乳の量を少なめにするとトロっとした感じに、多めにするとサラッとした感じになります。個人的には多めにする方が好きですね。

甘さが足りないときは蜂蜜や砂糖で調整するとよいです。このときは玉井で買ったドライマンゴーを使用したのですが何も入れなくてもじゅうぶん甘かったです。

「マンゴーの故郷」玉井で買ったドライマンゴーが美味しすぎる! - 連環泡芒果乾

2019.07.15

 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク