朝ごはんを食べに高雄の果貿社區へ行ってみました – 寬來順早餐店




果貿社區は高雄の左營區にある南部最大の眷村です。戦後大陸における共産党との内戦に敗れた國民党は台湾へ逃れてきます。その大陸から渡ってきた外省人と呼ばれる人々が居住する地区を眷村といいます。よく知られているところでは台中の彩虹眷村がそうですね。果貿社區はかつて中華民國海軍眷村果貿三村として単一軍種としては台湾最大の眷村であったそうです。13棟の集合住宅からなる果貿社區はその建物の形や雰囲気が独特で非常に興味深い文化を有する場所なのです。各建物の1階には飲食店があり、朝は広場にお店を開く屋台とともに多くのお客さんを集めます。今回はその果貿社區で営業する朝ごはん屋さん「寬來順早餐店」に行ってみました。

寬來順早餐店

朝早くから行列のできる果貿社區の朝ごはん屋さん

寬來順早餐店は果貿社區の中心にある円形の建物の周りを囲むように建っているビルの一角にある朝ごはん屋さん。営業は朝4時からで早朝から大勢のお客さんがやって来ます。

ご覧の通りこの行列、大盛況ですね。

というわけで行列に並びます。

品数はかなり豊富で、飲み物は豆漿、米漿、紅茶、ミルクティー、コーヒーなど。フード類は蛋餅、油條(中華風揚げパン)、燒餅、蘿蔔糕(大根餅)などなど豆漿店でお馴染みのメニューが揃っています。

お店の前の広いスペースにテーブルが設置してあるので注文を済ませたら空いてる席に座りましょう。一般的な街中とはちょっと違った場所なので広々として気持ちがいいですねー。この日は天気も良くて最高の朝ごはん日和。

行列ができるほどのお客さんの数にもかかわらず席はわりと空いてるんですよね。さすがはテイクアウト大国台湾です。

鹹豆漿、蛋餅、鮮肉包

鹹豆漿蛋餅鮮肉包を注文。オーソドックスな朝ごはん。

鹹豆漿20NTD)、蛋餅20NTD)、鮮肉包10NTD

醬油膏(とろみ醤油)や辣油など調味料はテーブルに用意されています。

これは辣油。鹹豆漿に入れると美味しさがアップ。

というわけで鹹豆漿には辣油、蛋餅には醬油膏をかけていただきます。

ふるふるとおぼろ豆腐のようになった鹹豆漿。ネギと油條がトッピングされています。辣油を少々たらすとピリッとして味が引き締まって一層美味しくなりますよ。

蛋餅はやや薄めの生地でもっちりした食感。卵の風味がよく美味しい。

やや小ぶりの鮮肉包。ふっくら包子の中には肉汁たっぷりジューシーな餡が入ってます。このまま食べても美味しいですが自家製の蔥辣椒をつけるのもよし。地元の人はわりと蔥辣椒を使ってましたね。ただちょっとピリ辛です。

高雄の繁華街からはちょっと距離がありますが独特の雰囲気が感じられる場所なので足を運んでみる価値はありますよ。

店舗情報

住所 高雄市左營區中華一路5-14號
営業時間
4:00~12:00、土日4:00~13:00
休日
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク