高雄の六合夜市で60年以上続く老舗の豆花を食べてみた – 王牌傳統豆花




高雄の夜市でぜひとも行きたいのは「六合夜市」。1950年前後に始まった歴史のある夜市で、またMRT美麗島駅から歩いてすぐというアクセスの良さも手伝って高雄では最もポピュラーな夜市です。夜市の時間帯になると通りを歩行者天国にして、中央にはところどころにテーブルも設置されます。海鮮の屋台が多く見られ熱炒的な雰囲気が漂っているのが特徴の夜市なのですが、スイーツ類の屋台も見逃せません。というわけで今回は六合夜市でおすすめの豆花の屋台「王牌傳統豆花」をを紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

高雄を代表する夜市「六合夜市」で食べ歩き! おすすめグルメを紹介します

2020.02.12

王牌傳統豆花

六合夜市の老舗の豆花店

王牌傳統豆花」は高雄の六合夜市で営業する豆花の屋台。民國47年(1958年)創業なので60年以上続いている老舗です。場所は夜市内の自立二路近くで以前紹介した「莊記六合海產粥」のほぼ正面あたりです。

店頭にはあずき、タロイモ、緑豆など美味しそうなトッピングが並んでいます。

こちらがメニュー。豆花はトッピング2種類選べます。但し「芋角」は温かい豆花のみ、「芋泥」は冷たい豆花のみトッピング可能。「芋角」って初めて聞いたんだけどなんだろう?

屋台の裏にテーブルがあるのでイートインするなら注文するときにその旨(「內用」と言えばOK)を伝えて席に座りましょう。

芋角と花生の豆花

この日は温かい豆花を注文してみました。選んだトッピングは花生(ピーナッツ)と気になっていた芋角です。

豆花(芋角・花生)・熱・小35NTD

こちらが「芋角」。どうやら賽の目にカットしたタロイモのようです。タロイモのトッピングは「芋頭(大きくカットしたタロイモ)」「芋泥(タロイモペースト)」「芋圓(タロイモ団子)」よく見かけますがこれは初めて。「芋頭」とそんなに変わらない気はしますがサイズが違うのかな?

ピーナッツは豆花のトッピングでは定番ですね。甘く煮込まれていてホクホクした食感で美味しいんですよ。

寒いときは温かい豆花もおすすめですよ。フルフルとした食感と豆の香りが何とも言えない美味しさです。温かいとより甘味を感じるような気がするんだけど気のせいかな?

店舗情報

住所 高雄市前金區六合二路攤號127號
営業時間
18:00~5:00
休日
 

スポンサードリンク