北投まで行ってでも食べたいこだわりの豆花 – 傳統之最豆花堂




新北市の淡水区に接する台北市北部に位置する北投区。台北の中心部からはやや離れていますが温泉があることでも知られる人気の観光地です。旅行のスケジュールに余裕がある人は北投にも行ってみるといいですね。遠いと言ってもMRTを使えば台北駅からは20分ほどなのでちょっと遠出して観光するには絶好の街です。もちろん温泉だけでなく美味しい台湾グルメもたくさんありますよ。というわけで今回は北投にある人気の豆花店「傳統之最豆花堂」を紹介したいと思います。

傳統之最豆花堂

豆花店と早餐店が融合したお店

傳統之最豆花堂」は北投にある豆花店と早餐店が一体となったようなお店。MRT北投駅から歩いて5分弱の大同街沿いで営業しています。かなり古いお店のようで朽ち果てそうなボロボロの店舗が何とも言えない味のある雰囲気を醸し出しています。

朝6時に営業開始して昼前の11時には閉まってしまいます。この日は朝早くにお店に来たので朝ごはんを買っていくお客さんでずいぶん賑わっていまがもちろん豆花も食べることができますよ。

こちらがメニュー。蛋餅、燒餅、肉包などの朝ごはんメニューに加えて豆花もいろんなトッピングとともに販売。

お店の脇にテーブルも用意してあるのでイートインも可能です。いいですねこの雰囲気。

食材にこだわった豆花

注文したのは「粉圓豆花(タピオカの豆花)」でさらに花生(ピーナッツ)をプラス。トッピング2種類なら値段は40元のままみたいです。

粉圓豆花+花生40NTD

カナダとオーストラリア産の遺伝子組み換えでない大豆や天然のにがりを使った豆花は全ての製造工程を自店で行っています。台湾のみならずアメリカ、ヨーロッパ、日本の食品安全基準も満たしていると謳っています。

豆花をスプーンで掬うと形が崩れずにピシっと角が立った状態に。なんだか寒天のような弾力がありそうなのですが食べるとフワリととろける絶妙の口当たりです。

芋圓や粉粿といったトッピングはありませんがこの豆花ならむしろ粉圓(タピオカ)や花生(ピーナッツ)といったシンプルなトッピングの方が美味しさがストレートに伝わってきますね~。

台北の中心地からはちょっと距離がありますがわざわざ食べに行きたいおすすめの豆花ですよ。

店舗情報

住所 台北市北投區大同街71號
営業時間
6:00~18:00
休日

スポンサードリンク