文化路夜市近くで食べたパープルが鮮やかな紫薯(ダイジョ)の豆花 – 一象甜品




嘉義市の中心部の中でも文化路夜市が開催される文化路一帯は特に賑やかなエリアで人気があります。「林聰明沙鍋魚頭」「阿娥豆漿豆花」「郭家雞肉飯」といった超有名店があるのもこの辺りです。また伝統的なお店ばかりでなく新しいお店がオープンする様子も見られます。このブログでも以前紹介した「一涼製冰所」などがその例ですね。今回はそういった文化路エリアのニューオープンのお店の1つ「一象甜品」を紹介したいと思います。

一象甜品

文化路夜市近くにリニューアルオープン

嘉義市西区の民族路と國華街の交差点近くにあった「御品豆花」が今年(2019年)の7月に文化路夜市近くにお引越し。「一象甜品」としてリニューアルオープンしました。

ロゴマークは象さんということで象のマスコットがお出迎え。

伝統的スイーツ店といった印象が強かった旧店舗からうって変わって若者を意識したお洒落なお店へとすっかり様変わりしました。

インスタ映えを意識したこんな席も用意されています。店員さん自ら言ってました(笑)。

謎のメッセージも(笑)。

カウンターの入り口付近にオーダーシートが置いてあるので1つ取って席に座りましょう。

メニューは豆花を中心に仙草ゼリー、かき氷、トーストなんかもあります。ドリンクメニューとして豆乳もありますよ。当然ながら豆花のバリエーションが豊富でかなり斬新なメニューが人気を集めているようです。

紫色の豆花とカラフルな芋圓のトッピング

色々食べてみたい豆花があったのですが注文したのはこちら「養生紫薯豆花」の「五彩芋圓」。なんかちょっと写真とはずいぶん見た目が違いますが(笑)。

抹茶の豆花とかプリン豆花とかいろいろ見たことがありますが紫薯(ダイジョ)の豆花というのは初めて。さらにカラフルな芋圓のトッピングとシロップの代わりに自家製の豆漿(豆乳)が使われています。

養生紫薯豆花・五彩芋圓・小40NTD

芋圓の他に珍珠(タピオカ)もトッピングされています。

芋圓(総称の場合)と言えばタロイモとサツマイモの2色が一般的ですが赤や黄色もあってとってもカラフル。味の方はそれほど違いはなくモチモチとした食感の美味しい芋圓です。

ほんのり紫色がかった豆花。一般的な豆花に比べてほんのりとスイートポテトのような芋の甘味が感じられて面白いですね。これはなかなか美味しい。

メニューがなかなか豊富なのでぜひ何度も行っていろんな豆花を食べてみたいですねー。豆花の他にも仙草ゼリーや豆漿も興味ありです。

店舗情報

住所 嘉義市東區中正路337號
営業時間
13:00~23:00、土日12:00~23:00
休日
 
FB

スポンサードリンク