高雄で食べた甘酸っぱいキンカン入りの豆花 – 鹽埕吳家豆花




豆花のトッピングと言えば花生(ピーナッツ)、紅豆(あずき)、芋頭(タロイモ)、珍珠(タピオカ)、綠豆などが主流ですね。豆花自体の味はそれほど主張がないのですが甘いシロップやトッピングによってその素朴な味が引き立ってきます。そんな中、高雄にキンカンを使ったさっぱり味の豆花が人気のお店が2店あります。1つは「鹽埕王家手工豆花」、そしてもう1つは「鹽埕吳家豆花」。どちらも似たような店名なのは何かの偶然でしょうか。今回はこの2店のうちの1つ「鹽埕吳家豆花」を紹介したいと思います。

鹽埕吳家豆花

シンプルなメニューの小さな豆花店

鹽埕吳家豆花」はMRT鹽埕埔駅から歩いて10分ほどの富野路沿いにある豆花店。看板らしいものが無いのでちょっと分かり難いのですがそれでもかなりの人気なのです。なぜかというと実は以前「鹽埕吳家豆花」は屋台販売をしていてそのときから行列ができるほどの人気店だったんですよ。

カウンターの上に掲げられた看板には「鹽埕吳家豆花」ではなく「鹽埕吳家金桔豆花」となっていますが「金桔豆花」が看板メニューなんですよ。

メニューはとってもシンプル。原味豆花(冰、熱あり)(プレーンの豆花)、紅豆冰金結(あずきの豆花)、そして金桔冰豆花(キンカンの豆花)。キンカンの豆花ってあんまり聞かないですよね。

注文はカウンターで口頭で行ってその場で豆花を受け取って席へ。スプーンはカウンターに置いてあるので取って行きましょう。

席は店頭にテーブルが出してあるので空いてる席で食べましょう。いかにも台湾らしいのんびとした風景ですねー。

さっぱり味のキンカン入り豆花

注文したのはもちろん金桔冰豆花です。シロップ漬けのキンカンがトッピングされた見た目にも爽やかな豆花。レモン豆花はよく見かけますがキンカンの豆花は珍しいですねー。

金桔冰豆花35NTD

キンカンといっしょに豆花をいただきます。豆花がトロットロ、とっても滑らかで美味しい! そしてキンカンの甘酸っぱい風味が豆花によく合ってさっぱりした甘さが楽しめますね~。豆花といえばピーナッツ、あずき、緑豆といったトッピングが主流ですがこれはすっきりさっぱりで暑い日などはおすすめ。クセになりそうな美味しさです。

店舗情報

住所 高雄市鹽埕區富野路70號
営業時間
11:00~19:00
休日
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク