トッピング選び放題のお店でヘルシーな黒豆花を食べてみた – 庄頭豆花担




豆花も台湾行ったら食べてみたい伝統スイーツの1つですね。プルプルの豆花にほんのり甘いシロップ。それにバラエティ豊富なトッピングを選ぶのが何より楽しいです。それにヘルシーなスイーツというのもポイントが高いですねー。日本でも最近は豆花のお店がチラホラと見られるようになりましたが、やっぱり台湾の本場の豆花を食べてみたいですよね。というわけで今回は台北の「庄頭豆花担」を紹介したいと思います。

庄頭豆花担

グリーンの外観が印象的なお店

復興南路と敦化南路の間の市民大道添いにある淡いグリーンの外観が目を引くお店が「庄頭豆花担」。いかにも中華風の外観といった印象なんですが、台湾の都市部では意外にこういった雰囲気の建物はあまり見かけません。どちらかというと映画の中に出てきそうだなー、といった感じです。

お店の中に入るとアンティークっぽいテーブルや椅子、飾りつけなど古い時代の雰囲気が感じられるような店内になっています。店名の「庄頭」というのは実は中国語ではなく台湾語で、村落という意味があります。名前からもこのお店のコンセプトが分かりますねー。

注文はカウンターで口頭で行います。

初めて来たならおすすめはトッピングが好きなだけ選べる綜合豆花。豆花は普通の白い白豆花と黒豆から作られた黑豆花が選べます。左のが黑豆花なんですが若干色が黒っぽいのが分かるでしょうか。

トッピングは名前が分からなくても指差して好きなのを選べばOKです。選び放題といっても3~4種類くらいがちょうどよいのではないでしょうか。また糖水(黒糖シロップ)か豆漿(豆乳)を選びます。個人的には糖水(黒糖シロップ)の方が好きかな。豆漿(豆乳)はあまり甘くないので豆漿(豆乳)を選んだときは紅豆とか緑豆とか甘味の強いトッピングを選ぶとよいと思います。

黒豆花を黒糖シロップで

綜合豆花の黑豆花を糖水(黒糖シロップ)で注文しました。トッピングはちょっと欲張って5種類。

綜合豆花・黑豆花50NTD

トッピングが選び放題ということで、せっかくなので普段あまり食べないものも何種類か選んでみました。

まずは蓮子。蓮の実ですね。甘味はあまりありませんがホクホクとした食感がいいアクセントになりますよ。

こちらはお馴染み芋圓地瓜圓。個人的必須のトッピングで豆花やかき氷を食べるときはかなりの確率で選んでます。白っぽい方がタロイモ団子の芋圓、黄色いのがサツマイモ団子の地瓜圓です。どちらもほのかに甘くてモチモチした食感が最高。大好きなトッピングです。

これもトッピングでは定番の紛圓(タピオカ)。味はあまりありませんので食感重視ですね。

こちらは普段あまり選ばない薏仁。ハトムギを甘く煮込んだものでヘルシーなトッピングです。

最後は南瓜泥。これはここで初めて見たトッピングだったので選んでみました。カボチャを甘く煮詰めてペースト状にしたものでこれがなかなか美味しくて豆花にもよく合う。意外な発見でしたねー。

普通の豆花に比べるとやや黒っぽい黒豆花。心なしか豆の風味が強めな気がしますが、味は普通の豆花とそんなに変わりはないですね。ただ日本では一般的に黒豆の方が大豆より値段が高いのでなんだか得した気分になりますね。

今回紹介した以外にも枸杞石花凍、大燕麥、紫米などおすすめのトッピングがあるのでぜひ試してみてくださいね。

店舗情報

住所 台北市松山區市民大道四段73號
営業時間
12:00~22:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク