東區粉圓より美味しい、という声もある路地裏のスイーツ店 – 216粉圓大王




東區粉圓と言えば台湾関連の雑誌では必ずと言っていいほど紹介される常連のお店ですよね。タピオカをはじめ、芋圓・地瓜圓、芋頭、涼圓、綠豆、蓮子などなど台湾ならではのスイーツのトッピングをここで初めて食べた、という人も多いのではないでしょうか。実は東區粉圓のすぐ近くにもう1軒そっくりの形態のお店があるのを知っているでしょうか。東區粉圓に比べると地味だし目立たない場所にあるのですが地元での評判は東區粉圓に負けていません。というわけで今回はそのお店「216粉圓大王」を紹介したいと思います。

216粉圓大王

路地裏の目立たないお店ですが・・・

東區粉圓と言えば台湾の旅行雑誌などでは常連の人気スイーツ店ですね。その東區粉圓の脇の路地をわずか十数メートルほど歩くと216粉圓大王があります。東區粉圓に比べるとずいぶん地味な印象のお店ですが地元では「東區粉圓よりこっちの方が美味しい」という声もあるのです。

216巷という路地にあるので216粉圓大王というわけですね。

飾り気のない部屋に屋台風の(というか実際屋台ですよね)キッチンとテーブルを置いただけの超シンプルな店内。でもこの雰囲気がローカル感があっていいんですよね。

「任選1~4種 毎杯60元」ってことはたぶん東區粉圓と同じかな。

注意書きがありますね。注文するときは以下を伝えでください、と。
①イートインかテイクアウトか。
②冷たいのがよいか温かいのがよいか。
③何杯か。
④冷たいのはトッピングを4種類選ぶ。
⑤温かいのはまずスープを選んでトッピングを3種類選ぶ。
⑥1杯60元。セルフサービスです。
※温かい場合のスープは燒仙草、紅豆湯、花生湯から選べる。
※豆花もトッピングに含みます。

トッピングに何を選べばいいか分からない人、初めてお店に来た人には下記のトッピングがおすすめだと書いてますよ。
紅心紛圓:タピオカ
芋圓・地瓜圓:タロイモ団子・サツマイモ団子
湯圓:白玉団子
芋頭:タロイモを甘く煮込んだもの
粉粿:地瓜粉(さつま芋の粉)で作ったゼリー
豆花:豆花!

ショーケースにいろんなトッピングがあるので見て決めるとよいです。

トッピングをカップに入れてくれるのでそれをもらって糖水(シロップ)と氷はこちらから自分で入れます。このときはお客さんがいなかったので店員さんが入れてくれました。

手作りのトッピングが美味しい

選んだのは冷たい方でトッピングは豆花、芋圓・地瓜圓、芋頭、粉粿。

豆花、芋圓・地瓜圓、芋頭、粉粿60NTD

好きなトッピングを芋圓・地瓜圓、芋頭、粉粿と選んで、もう1つ何にしような~と悩んで豆花にしてみたんですが、これがなかなかどうしてウマい。しっとりした食感で美味しいですねー。

芋圓と地瓜圓(タロイモ団子・サツマイモ団子)。もっちりした食感ならこれが1番ですねー。ほんのり甘い味も好きです。

ホクホクとした食感の芋頭(タロイモを甘く煮込んだもの)。QQ食感のトッピングばかりだとなんだか味がぼやけてしまうのですが、これを選んでおくと味がしっかりします。

個人的にかなり好きのトッピングの粉粿(地瓜粉で作ったゼリー)。かなり弾力のあるゼリーといった感じで甘さもあります。この絶妙の食感が何とも言えないんですよねー。美味しいです。おすすめですよ。

シロップ、氷は自分で自由に追加できます。ちょっと味が薄かったのでシロップを追加すると店員の男の子が「氷も入れなよ」とやけに氷を勧めるので「なんで?」と聞くと「シロップだけだと甘すぎるから」って。いや、そうすると元に戻るし(笑)。

東區粉圓とどちらが美味しいかと言うのは何とも言えませんがこちらもじゅうぶん美味しいのでおすすめですよ。

店舗情報

住所 台北市大安區忠孝東路四段216巷40弄3號
営業時間
11:00~23:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク