甘辛い甜辣醬が決め手! 逢甲夜市で超人気の蛋餅の老舗屋台 – 明倫蛋餅




台中を代表する夜市といえば「逢甲夜市」。いつ行ってもすごい人の多さなのですが特に混雑しているのが文華路と福星路の交差点付近のいわゆる夜市の入り口部分。混雑の要因となっている1つが超人気店がこの場所に集まっているということ。ステーキのお店「赤鬼炙燒牛排」やたこ焼き屋さんの「日船章魚小丸子」など超有名店があるのです。そして今回紹介する「明倫蛋餅」もその要因となっているお店の1つ。行列の絶えない人気の蛋餅の屋台ですよ。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

台中最大の夜市「逢甲夜市」のB級グルメ食べ歩き完全攻略!

2019.03.04

明倫蛋餅

1978年創業の老舗蛋餅屋台

明倫蛋餅」は逢甲夜市の入り口にあたる文華路と福星路の交差点付近で営業する屋台。1978年創業の老舗の蛋餅屋台です。となりには「日船章魚小丸子」というたこ焼き屋さんがあるのですが両店とも行列のできる超人気店なのでお客さんの数がすごいことになってます。

蛋餅というと台湾の朝ごはんの定番ですがこちらのお店の蛋餅はクレープのように手に持って食べるおやつ感覚なのが特徴。

メニューは蛋餅のみ。1枚40元でソースが「獨門甜辣醬」「醬油」「胡椒粉」「辣椒粉」の4種類から選べます。初めて食べるのなら「獨門甜辣醬」がおすすめですよ。
2台の屋台を使って次々と蛋餅が焼かれています。鉄板に生地を延ばして玉子とネギをトッピング。焼き上がったらソースをたっぷりかけてくるくると巻いて出来上がりです。

先ずは屋台に置いてある番号札を取りましょう。自分の番号が呼ばれてから注文するというシステムです。

番号札がメニュー代わりになってます。賢いですね。

裏はなんだかよく分からないのですが(笑)・・・

電光掲示板に番号が表示されるのですが2つあるので注意。表示された方で注文します。ところでもらった番号札の番号は「6」なのですが表示されているのは「17」以降・・・ 「どういうこと?」。と心配しなくても大丈夫。
番号は1~30までで30の後再び1に戻ります。なので「番号過ぎてる!」と慌てないようにしましょう。

現在「29」と「30」ですが・・・

また「1」からスタートです(なぜか「1」が飛ばされてますが・・・)。

ようやく自分の番号が表示されましたよ~。店員さんに呼ばれるので注文します。ソースの種類と数を伝えればOKですよ。

旨味の詰まった甘辛いタレが美味しい

けっこう並びましたがやっと購入。おすすめの「獨門甜辣醬」を選びました。

蛋餅獨門甜辣醬)(40NTD

ほんとに見た目はクレープみたいな感じですねー。

熱々の蛋餅にかぶりつくとふんわりとした生地のいい香りが口の中に広がります。さらにふっくらとした玉子とネギの風味が一体となって蔥蛋を思わせる美味しさも。それに何と言ってもこの甘辛いソースが美味い。一般的な朝ごはん屋さんで蛋餅にかける醬油膏や甜辣醬とは一味違う旨味が詰まったソースです。

明倫蛋餅」は台中市内に何軒かあるのですが逢甲夜市にはここの他ももう1軒あるようなので混雑を避けるならそちらへ行ってもいいかもですね。

店舗情報

住所 台中市西屯區福星路546號
営業時間
15:00~1:30
休日
 

スポンサードリンク