これぞザ・台湾カレー! 新富市場の小吃店で朝カレー – 阿偉咖哩飯




日本のラーメンは台湾にすっかり馴染んでお店もたくさんあるのですが一方でカレーはそうでもないのです。しかしここ数年台湾でもかなり手の込んだレベルの高いカレーを提供するお店が少しずつ増え始めています。ただカレーの場合、いわゆる最近の日本カレーとは別に昔ながらのカレーというのがすでに存在していたというのがラーメンとはちょっと違うところでしょうか。というわけで今回は龍山寺近くの新富市場(東三水街傳統市場)にある「阿偉咖哩飯」の昔懐かしいカレーを紹介したいと思います。

阿偉咖哩飯

龍山寺近くの小吃店

MRT龍山寺駅を出た後近くにある新富市場(東三水街傳統市場)を通って廣州街へ向けて歩いて行きます。


廣州街に出る手前の路地にあるこちらのお店が「阿偉咖哩飯」です。

半分屋台のようなお店で、小さなキッチンの前に座って食事する風景がなんとも言えないローカルな雰囲気でいいですねー。台北でもまだまだこういう場所があるんですね。

かなり年季の入ったお店に見えるんですが1991年創業なのでそこまで古くはないんですね。さて、メニューですがご飯ものが「滷肉飯」に加えて「咖哩飯(カレー)」があるのが特徴。余談ですが台北では「魯肉飯」と書かれることが多いんですがこの店では「滷肉飯」となってるのがちょっと興味深い。

やっぱりカレー美味しそう・・・ 注文は口頭で行いましょう。

メニューには載ってませんがこちらの小菜も注文可能。好きなものを指さしで選んで注文しましょう。

キッチンの隣りに小さなイートインスペースがあるのでここで食べてもOKです。

昔懐かしい黄色いカレー

ここはやっぱり滷肉飯じゃなくて咖哩飯。いや滷肉飯も気になるんですけどね・・・ スープには味噌湯、それに小菜から茄子と香腸をいただきました。

咖哩飯・小(60NTD)、味噌湯、茄子、香腸

この黄色い色がまさに昔懐かしいザ・台湾カレー。「カレーが黄色いってあたりまえじゃん」って確かにそれはそうなんですが最近のカレーはもうちょっと黒っぽいですよね。このサラッとした明るい黄色はなんだか子供の頃食べた給食のカレーを思い出します。辛さはほとんどなくカレー風味のシチューのような感じで「もの凄く美味しい!」とは言いませんが、たまに無性に食べたくなるんですよね。

カレーに味噌汁というのも台湾ならでは。そしてスプーンでいただきます。
小菜もいろいろあって悩むのですがこのときは茄子と、見つけたらついつい注文してしまう香腸を。やっぱり香腸が美味しい!

たまにはこんな朝食もいいのではないでしょうか。次回来たときは滷肉飯をたべようかな。

店舗情報

住所 台北市萬華區廣州街92巷2號
営業時間
8:00~14:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク