台中の一中街夜市で人気の臭豆腐を食べてみました – 21臭豆腐




台中市中心部にいくつかある繁華街の1つ「一中街商圏」。國立臺中科技大學、臺中市立臺中第一高級中等學校、國立台灣體育運動大學という3つの学校の囲まれるように位置する為、いつも多くの若者で溢れている活気のある学生街です。日中からすでに人通りの多いエリアですが夜になると一中街夜市と呼ばれる台中でも屈指の人気夜市へと姿を変えます。文字通り一中街を中心とした周辺エリアにはたくさんの飲食店や衣料品店がズラリと軒を連ねとっても賑やかです。今回はここ一中街夜市で人気の臭豆腐のお店「21臭豆腐」を紹介したいと思います。

21臭豆腐

一中街夜市で人気の臭豆腐

21臭豆腐」は台中の一中街夜市にある臭豆腐の専門店。一中街夜市の中でも特に賑やかな「I PLAZA 愛広場」周辺(一中街と育才街の交差点付近)に比べるとこの辺りはやや人がまばらになってくるのですが「21臭豆腐」はそんなことには関係なく多くのお客さんで賑わっています。

お店に着いたらまずこちらの番号札を取ってから空いてる席を探して座りましょう。順番に番号が呼ばれるので自分の番が来たらお店の人に注文します。当然中国語なのでよく聞いておきましょう。

メニューは臭豆腐だけなので数だけ伝えればOKです。臭豆腐は1皿5個で50元です。
※写真は45元ですが現在値上げして50元になっています。

外側はサクサク、中はふっくら

キャベツの漬物とともに紙皿に盛られた臭豆腐。あまりにも潔い適当さがむしろ清々しいですね(笑)。

臭豆腐50NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。

左は辣椒、右は蒜泥(ニンニクペースト)ですね。臭豆腐にはすでにタレがかかっていますがお好みでどうぞ。辣椒はけっこう辛いですよ。

盛り方は適当ですが味は確か。外側はサクサク、中はふっくらとした絶妙の揚げ加減です。それに何と言ってもこのタレが美味しいんですよね。臭豆腐にはもうこれしかないという味でよく合うんですよ。付け合わせのキャベツと一緒に食べるとシャキシャキ感も加わっていい感じです。

お店の前を通るとちょっと匂いがキツイのですが食べると不思議とそんなに匂いは気にならないんですよ。一中街夜市に来たらぜひチャレンジしてみてください。

ちなみに向かいにも別の臭豆腐のお店があるんですが人気の差は歴然・・・ そんなに違うものなんだろうか? こちらも今度食べてみたいですね。

店舗情報

住所 台中市北區一中街21號
営業時間
16:00~22:00
休日

スポンサードリンク