羅東夜市からやって来たフレンチフライならぬフレンチ臭豆腐? – 堂薯薯臭薯條




花蓮に来たらぜひとも行きたい夜市は「東大門夜市」。2015年の7月オープンしたという意外にも歴史の浅い夜市なのですが、これがなかなかに規模が大きい。お店が充実ぶりといい繁華街から近いというアクセスの良さといい高い人気を誇る夜市なのです。また夜市の中が「福町夜市」「各省一條街」「原住民一條街」「自強夜市」と、いくつかのエリアに分けられているのが特徴でちょっと他の夜市とは違った魅力があります。今回はその中の「自強夜市」にある「堂薯薯臭薯條」という屋台を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

原住民の歌や踊りに原住民料理、ひと味違う花蓮の「東大門夜市」に行こう!

2019.04.01

堂薯薯臭薯條

羅東夜市の名物が花蓮の東大門夜市に

花蓮の「東大門夜市」にある屋台「堂薯薯臭薯條」は実は宜蘭の「羅東夜市」の名物屋台が進出してきたお店なのです。そもそも何の屋台なのかというと臭豆腐、そうみんな大好き(?)臭豆腐なんですよ。

元総統もやって来たみたいですよ。

臭豆腐というだけなら珍しくも何ともないのですが特殊なのがここ。味付けがいろいろと選べるのです。

英語の説明書きもあります。選べる味は特調起司(チーズ)、韓式風味(韓国風)、麥當當(Sweet & Sour:ちょっと不明)、泰式酸辣(タイ風スパイシーソース)、蜂蜜芥末(ハニーマスタード)、酸黃瓜(ピクルス)、照燒(照り焼き)、椒鹽(塩胡椒)。チーズとか照り焼きとかおよそ臭豆腐のお店とは思えない単語が並んでますよね。

ハニーマスタードの臭豆腐

とうわけで注文したのは「蜂蜜芥末」、ハニーマスタードです。臭豆腐にハニーマスタードって(笑)。

臭薯條・蜂蜜芥末50NTD

また商品名が「臭豆腐」じゃなくて「臭薯條」と呼んでいる理由がこれ。臭豆腐をスティック状にカットしているのです。一見するとフレンチフライに見えますよね。まさにフレンチフライならぬフレンチ臭豆腐。
※フレンチフライの「フレンチ」は「フランス」ではなく「細かく切る」という意味。

これが意外に美味しい! そんなに匂いも気にならないしカラっと揚がったサクサクの臭豆腐に甘いハニーマスタードがよく合うんですよ。良もほどほどなのでおやつ感覚で食べるのにちょうどいいですね。これはぜひ他のフレーバーも試してみたい。泰式酸辣(タイ風スパイシーソース)なんか美味しそうですね~。

店舗情報

住所 花蓮縣花蓮市中山路50號(東大門夜市內の自強夜市)
営業時間
17:30~23:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク