モチモチの刀削麵が堪らない一中街商圏で食べた木須炒麵 – 山西刀削麵食館




台鉄台中駅のある台中市中心部にはいくつかの繁華街があり「台中駅前」「一中街商圏」「勤美草悟道商圏」「精明商圏」「逢甲商圏」「美術館区」「東海商圏」などがよく知られているところです。その中の「一中街商圏」は複数の学校に囲まれたいわゆる学生街。さらに夜になると一中街夜市が開催される昼夜ともに活気のあるエリアです。台中駅からも比較的近いのでアクセスのよいおすすめのスポットです。今回はその「一中街商圏」で営業する刀削麵の人気店「山西刀削麵食館」を紹介したいと思います。

山西刀削麵食館

一中街商圏にある刀削麵の人気店

山西刀削麵食館」は台中の一中街商圏にある刀削麵のお店。このエリアで特に賑やかな一中街からはやや外れた場所にあるのですが食事時には大勢のお客さんがやってくる人気のお店です。

入り口にオーダーシートがあるので1つ取って空いてる席を探しましょう。

このお店は部屋が左右2つあってどちらに座ってもOK。しかしよく見ると左側の部屋にお客さんが集中しています。一方右側はガラガラ。実は左側は空調が効いていて涼しいのです。なので夏にきたときは左側の部屋がおすすめですね。

左側の部屋が空いてない場合は諦めて右側の部屋へ。

オーダーシートを記入したら店員さんに渡しましょう。

メニューには載ってない小菜もあるので食べたい場合は自分で取っていきましょう。

お茶は無料。セルフサービスです。

コシのある刀削麺の食感がよい

注文したのは「木須炒麵」と「蛋花湯」。木須っていうのはキクラゲと思われがちなんですが実は玉子のことを指していると言われています。というわけで「木須炒麵」はつまり玉子炒麵、なのですが実際にはいろいろと具だくさんなんですよ。

木須炒麵70NTD)、蛋花湯・小25NTD

無料のお茶。予想通り甘いです。

箸はテーブルに置いてありますよ。

台湾の旅行本などではあまり取り上げられることがないので「木須炒麵」という名前を初めて聞く人も多いのではないでしょうか。刀削麺をニンジン、白菜、タマゴ、豚肉、キクラゲなどさまざまな具と一緒に炒めたものです。パッと見た感じ焼うどんのような見た目ですね。

この刀削麺がモッチモチなんですよ。しっかりコシがあって日本人好みの食感ですねー。醤油ベースの味付けもいい感じ。ボリュームもあって食べ応えがあります。

スープには蛋花湯を。こちらも玉子入りで味はあっさりしています。

木須炒麵」の他にも「羊肉炒麵」「牛肉炒麵」「炸醬麵」なども人気。また「肉絲蛋炒飯」「羊肉蛋炒飯」「牛肉蛋炒飯」など炒飯メニューもおすすめです。

店舗情報

住所 台中市北區育才南街18號
営業時間
11:00~14:30、16:00~20:30
休日
 

スポンサードリンク