台中、中華路夜市の老舗で食べた炒麺とトマト炒飯 – 三代炒麵




台中駅前からまっすぐ延びる大通り「台湾大道」を1㎞ほど進むと中華路という大通りに出ます。中華路では夕方ごろになると路上に屋台が並び始め「中華路夜市」というもう一つの姿を現します。北の公園路辺りから南の民生路辺りまで続く中華路夜市は台中で最も古い夜市として知られ、お店も歴史のある老舗が多いのが特徴。若者うけしそうな流行りのお店多い「逢甲夜市」や「一中夜市」に比べると昔ながらのクラシックな料理を扱うお店が多いのも特色ですね。今回はその中華路夜市で長年営業する老舗「三代炒麵」を紹介したいと思います。

三代炒麵

中華路夜市の老舗炒麺店

三代炒麵」は中華路夜市で営業する老舗の炒麵専門店。と言っても屋台ではなく台湾大道と中華路の交差点付近にある店舗で営業しています。以前このブログで紹介した「富鼎旺豬腳」の隣りのお店です。どうも数年前までは屋台で営業していたようですね。

三代に渡って営業しているので「三代炒麵」という店名らしいです。というわけでずいぶん歴史のあるお店なんですね。次に代替わりしたら店名どうするんでしょうね?

店内に入ると入り口付近にオーダーシートがあるので1枚取って空いてる席に座りましょう。


メニューはそれほど多くありませんね。肉絲炒麵、茄汁炒飯、肉絲炒米粉、肉羹飯の4種類にスープが3種類のみ。

テーブルには台中の食卓には欠かせない辣椒醬が。炒麵には必須の調味料ですよ。

意外にもトマト炒飯が美味しい

肉絲炒麵蛋花湯を注文。肉絲炒麵にはもちろん辣椒醬をかけていただきます。

肉絲炒麵45NTD)、蛋花湯30NTD

けっこうボリュームあります。

炒麵は台湾ではお馴染みのヤワヤワ麺。日本の焼きそばのように麺にコシはなくふにゃっとした食感です。初めて食べると違和感ありますが慣れるとあまり気になりません。辣椒醬は名前が辛そうにみえますがそんなに辛さはないんですよ。どちらかというとケチャップみたいな感じですねー。

こちらは別の日に食べた茄汁炒飯(トマトチャーハン)と香菇肉羹

茄汁炒飯45NTD)、香菇肉羹(35NTD)

蕃茄」っていうのはトマトのことで「茄汁炒飯」はつまりトマト果汁を使った炒飯ということかな。色がもうトマトだって主張してますよね。

これが意外に美味しい。ちょっとチキンライスみたいな感じでイケますね。どちらかというと炒麺よりもこちらの方が好きかもしれません。

香菇肉羹はシイタケと肉団子が入ったとろみスープ。食べ応えがあってなかなか美味しいですね。

シンプルなメニューながらも長く続いているだけあって根強い人気を持つ老舗です。パパっと簡単に食事をするにはもってこいのお店ですね。

店舗情報

住所 台中市中區台灣大道一段562號
営業時間
18:15~0:00
休日
日月


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク