台中駅裏の名もない小さな屋台で食べた炒麵 – 和平街40年老攤大腸湯炒麵




まだまだ人気が今一つの台中。台北、台南、高雄に比べると旅行雑誌やガイドブックなどのメディアでも露出は控えめで数ページほどの扱いの場合が多いです。そうなるとどうしても台中駅の正面側エリアの情報ばかりになってしまうんですよね。中華路夜市、一中街夜市、逢甲夜市などそうそうたる観光スポットは正面側に集中しているのでまあ仕方ありませんが駅裏側のエリアにもおすすめしたい場所はたくさんあるんですよ。というわけで今回は台中駅裏の和平街沿いにある小さいけれど人気のローカル小吃店「和平街40年老攤大腸湯炒麵」を紹介します。

和平街40年老攤大腸湯炒麵

薬局の前で営業する小さな屋台

どうみても屋台の看板より「永全藥局」という後ろにある薬局の看板の方が目立つこちらのお店、おそらく店名はないのであろう屋台です。台湾には店名のないお店って普通にあるんですよね。たぶん薬局の店頭のスペースを間借りしてるんだと思います。

統一爌肉飯」って看板があるのでこれが店名なのかな? でもネットではいろんな呼び名があって「和平街40年老攤大腸湯炒麵」っていうのが1番通っているみたいなんですよね。ともかく小さな屋台なんですがそれほど人気があるということなんですね。

品数はけっこう豊富でご飯ものから麺類、それにスープ(〇〇湯というメニュー)のバリエーションが豊富ですね。オーダーシートはないので注文は口頭で行います。

屋台の周辺にテーブルが置いてあるので注文したら好きな席に座りましょう。

台中の定番朝ごはんをいただきます

注文したのは炒麺豬血湯。これが台中の朝ごはんの定番です。それに炒麺豬血湯というのは王道の組み合わせなんですよ。

炒麵・小25NTD)、豬血湯15NTD

台中の食堂のテーブルに当然のように置いてあるのがこの辣椒醬。一番よく見かけるのは東泉辣椒醬ですがこの「」マークの辣椒醬もわりと目にしますね。

炒麺に辣椒醬をたっぷりかけていただきます。

肉燥をトッピングしただけのとてもシンプルな麺。炒麵というと日本の焼きそばを連想しますが全く別物。麺はコシがなくて柔らかいのが特徴なんですよ。焼きそばをイメージするとちょっと違和感があるかもしれませんが食べ慣れると美味しく感じます。

豬血(豚の血を固めたもの)がたっぷり入ったスープ。

豬血はゼリーのようなプルプルとした食感。味はあまりなく臭みなどもありません。台中では炒麺には決まって豬血湯を合わせほどポピュラーなんですよ。それにしても炒麵豬血湯合わせて40元なんですからすごい安さですよね。

こちらは爌肉飯豆腐湯

爌肉飯50NTD)、豆腐湯15NTD

爌肉飯も台中では朝ごはんによく食べます。台中の爌肉飯は角煮が大きくて迫力あるものが多いのですがここはちょっと控えめですね。それでも台北と比べれば遜色ないボリュームですが。油豆腐もトッピングとして添えてあります。このまま食べても美味しいですが辣椒醬をかけるのもアリです。

大きな豆腐が1つドーンと入った超シンプルな豆腐湯。これも15元という安さ。

名もない小さな屋台ですが安くて美味しい台中の日常的な朝ごはんがいただけます。場所柄観光客ほぼ皆無なのでローカルな雰囲気も味わうことができますよ。

店舗情報

住所 台中市東區和平街212號
営業時間
4:30~15:30
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク