水湳市場近くの人気炒麺店で伝統的な台中の朝ごはんを食べよう – 梁嫂炒麵




台湾の朝ごはんと言えば、豆乳に蛋餅、油條、焼餅。小籠包や鹹豆漿もいいですね。他にも台湾式のおにぎりの飯糰や魯肉飯、涼麵などが思い当たるのではないでしょうか。どれも美味しそうですよね。でもこれが地方へ行くと結構特色があって面白いんですよ。地域によっていろいろと特色があってなかなか奥が深いということに気付かされます。今回は台中の伝統的な朝ごはんである炒麵を紹介。地元でも人気のある炒麵のお店、梁嫂炒麵へ行ってみました。

梁嫂炒麵

水湳市場近くの人気炒麵店

中清路から大鵬路に入ってしばらく歩くと水湳市場が見えてきます。この水湳市場を超えて更に先に進んだ中平路沿いにあるのが梁嫂炒麵。昔ながらの台中の朝ごはんを食べることができる人気店です。
2017122002
オーダーシートは無いので店頭で注文して空いてる席に座ります。頼んだのはもちろん店名にもなっている炒麵、それに豬血湯。台中の王道の朝ごはんです。
2017122003
朝の7時を回ったあたりですが朝ごはんを食べに来た地元のお客さんでいっぱいです。
2017122004 2017122005

台中の朝ごはんの王道、炒麵と豬血湯

全然待つことなく料理が運ばれてきましたよ。それにしてもオーダーシート無いのによく誰が頼んだか覚えてますよね。

台中の朝ごはんと言えばこれ、炒麵です。

炒麵・小25NTD

炒麵に欠かせないのが辣椒醬。こういうお店には必ずと言っていいほど置いてます。市販のものを瓶ごと置いている場合もあるし、このような容器に入れてある場合もあります。しかしこれ油の容器みたいですよね(笑)。

辣椒醬をかけたら良くかき混ぜていただきましょう。炒麵といったら焼きそばを想像しますが味は日本の焼きそばとは全く違います。焼きそばというより茹ですぎたパスタといった感じ(ちょっと表現が悪いですが(笑))。麺は柔らかくて割とあっさりした味なので朝ごはんに食べても重くありません。

炒麵と合わせるスープはこの豬血湯が定番。豚の血を固めたものが具として入っています。ちょっと敬遠されがちなのですが、臭みもなく意外にあっさりしてるんですよ。高菜のように見えるのは酸菜かな? いいアクセントになってますね。

もっと具だくさんがよければ大腸、小腸、隔間肉など豚モツも入っている綜合湯がおすすめ。

豬血湯25NTD

シンプルでサッと食べられる台中の伝統的な朝ごはん。台中の庶民的な食文化に触れてみたいならおすすめのお店ですよ。
2017122011 2017122012

店舗情報

住所 台中市北屯區中平路376號
営業時間
6:00〜13:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク