台南、國華街の昔懐かしい素朴なおやつの屋台 – 林家蕃薯椪




台南のグルメストリートの1つとして有名な國華街。BRUTUSの表紙を飾ったことでも話題になったあの通りです。特に小吃店が密集している永樂市場、若者の出店で復活した西門市場、こちらも人気のグルメスポット保安路周辺まで長い距離に渡って小吃店の集まるポイントが断続的に続いています。國華街を食べ歩きしながら散策するのも台南旅行の楽しみの1つといえるのではないでしょうか。というわけで今回はその國華街にある昔懐かしいおやつの屋台林家蕃薯椪」を紹介したいと思います。

林家蕃薯椪

國華街の昔懐かしいおやつの屋台

台南のグルメストリート國華街と友愛街の交差点にある小さな屋台が林家蕃薯椪。建物の軒先のスペースにパラソルを出して営業しています。

林家蕃薯椪が販売しているのは白糖糕、蕃薯椪、芋頭餅というサツマイモ、タロイモなどに衣をつけて揚げたもの。台湾の人が小さい頃食べた味という昔懐かしいおやつです。

こんがりキツネ色に揚がった蕃薯椪や芋頭餅。パッと見はてんぷらのようですね~。3個(どれでも好きなもの)で20元なので驚きの安さですよ。

白糖糕、蕃薯椪、芋頭餅を食べ比べ

というわけで白糖糕、蕃薯椪、芋頭餅の3種類を1個ずつ買ってみました。

白糖糕蕃薯椪芋頭餅3個20NTD

白糖糕は糯米(もち米)でつくった団子を油で揚げて砂糖や花生粉(ピーナッツ粉)を塗したもの。もっちりした食感でなかなか美味しい。お餅とドーナツを足して2で割ったような感じかな。これ結構好きですね~。

こちらは芋頭餅、タロイモを揚げたもの。ホクホクとした食感で甘さは控え目。芋のてんぷらのような印象です。

丸いボール状のものは蕃薯椪。中にはペースト状の砂糖、花生粉の餡が入っています。モチモチした食感でほんのり甘くておやつにぴったり。小さいので2、3個くらいは簡単に食べれそうです。

初めて食べるなら1個ずつ3種類買って食べるのをおすすめしますよ。それぞれ食べ比べてみるといいですね。安くて手軽さが魅力のおやつ、食べ歩きにピッタリではないでしょうか。

店舗情報

住所 台北市萬華區康定路271號
営業時間
12:00~20:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク