台湾の駅弁といえばやっぱりこれ! 台東に行ったら必ず食べたい池上便當 – 全美行




鉄道が発達している台湾では日本と同じように駅弁もあります。さらにご当地の駅弁もあったりして電車の旅をより楽しませてくれること間違いありません。高鐵(台湾新幹線)や台鉄に乗るときは駅弁を買って食べるのも台湾旅行の醍醐味の1つです(MRTは飲食禁止なので注意)。そんな台湾の駅弁の中でも一度は食べてみたいのが全美行池上便當。台湾の米どころ台東縣の池上で販売されている駅弁で、お米が美味しいのはもちろんレトロなパッケージも人気なんですよ。今回はその全美行池上便當を紹介したいと思います。

全美行池上便當

お弁当は1種類のみ!

やって来ました台東縣の池上です。池上といえば台湾屈指のお米の産地。つまりお米が美味しい、そしてお弁当が美味しいのです。

全美行は池上駅を出て真っすぐ40mほど歩いた場所。駅から大きな看板が見えますね。


駅弁だけに電車のミニチュアが置いてあります。

さすがにいろんなメディアで取り上げられているようですが、NHKも来てるみたいですねー。

店内に入ったら左手にあるカウンターでまず食券を購入します。お弁当は1種類のみなので数と內用(イートイン)または外帶(テイクアウト)だけ伝えればOK。

こちらが食券。たぶん「1 內用」って書いてるのかな。

次は店内の奥にある窓口に食券を持っていきます。

窓口で食券を渡してお弁当を受け取ります。

箸もここから取って行きましょう。

スープはセルフサービス。カップに自分で注ぎます。

この日は大根のスープでした。

後は空いてる席を探してい食べましょう。一番手前の席は野菜置き場になってますね(笑)。この日は早朝来たので最初の客でした。

ちなみに店内の壁にはメッセージがたくさん貼られてましたよ。

具だくさん、そしてお米が美味しい!

ではさっそく池上便當をいただきま~す。

全美行池上鐵路月台便當80NTD

やっぱりこのレトロなパッケージがいいんですよね~。美味しさもさることながらこのパッケージが見たいのでわざわざ池上まで来たといっても過言ではありません。

ではオープン! 日本のお弁当とは違ってご飯の上におかずがびっしりと敷き詰めてある台湾ならではの駅弁のスタイル。盛り付けの違いはあっても美味しそうです。それに出来立てで温かいのがいいですね~。

夜市の屋台などでもおなじみ、台湾風ソーセージの香腸。甘い味付けでこれが美味しい。

このフカフカしたのは炸肉甜不辣。名前からすると甜不辣(テンプラ)に衣をつけて揚げたものかな。なんだかアメリカンドッグのような食感でした。

これは燒肉。豚肉に衣をつけて揚げたもので小吃店の小菜のメニューによく見かけます。個人的にこれ大好きです。

こちらは日本人なら馴染みのある叉燒(チャーシュー)ですね。その他には滷蛋(煮玉子)やキャベツなどの野菜、ご飯には鰹節がトッピングされてました。ふっくらと美味しいご飯はもちろん池上米ですよ。

スープも美味しくいただきました。

店内ではお土産の販売もあり

店内の入り口付近ではお土産の販売も行っています。

台東のお土産として有名な地瓜酥(サツマイモ)や池上米を使ったお菓子などがありますね。

こちらフルーツの羊羹。これ面白いですね。美味しいのかな?

これは台湾のコンビニなどでよく見かけるスナック菓子の「乖乖(グァイグァイ)」。ご当地フレーバーの「乖乖」なのかな?

もちろん池上米も売っています。

ほぼ観光スポットと化している全美行ですが池上に来たらここは外せないお店ですね。店内で食べてもいいしテイクアウトして帰りの電車の中で食べるのもいいですね!

店舗情報

住所 台東縣池上鄉中正路1號
営業時間
6:30~21:00
休日
 
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク