台南の保安路で食べたエビ入り肉圓(バーワン) – 杜蝦仁肉丸




プニプニした不思議な食感が独特な肉圓(バーワン)も台湾の代表するB級グルメの1つ。しかしあまり得意でないという人がいるのもの事実で、また台湾国内でも「好きではない」という声があるんですよね。とは言っても食わず嫌いはよくないので興味がある人は台湾に行ったらぜひチャレンジしてみましょう。肉圓(バーワン)と言えば台湾中部の都市「彰化」が有名なのですが「台南」にも人気のお店がたくさんあります。というわけで今回は台南で人気のグルメストリート「保安路」で営業する肉圓(バーワン)の老舗「杜蝦仁肉丸」を紹介したいと思います。

杜蝦仁肉丸

50年以上続くバーワンの老舗

台南のグルメストリート「保安路」には「茂雄蝦仁肉圓」という有名な肉圓(バーワン)のお店があるのですがこちらの「杜蝦仁肉丸」も人気があるんですよ。

民國58年(1969年)創業ということなので50年以上の歴史がある老舗なのです。ちなみにここは「肉圓」と呼ばずに「肉丸」と呼んでいます。

メニューはシンプルでメインの「蝦仁肉丸」とスープが「四神湯」「小肚湯」の2種類のみ。

オーダーシートは無いので入り口で口頭で注文して空いてる席に座ります。

米粉を蒸して作る南部のバーワン

こちらが「杜蝦仁肉丸」の「蝦仁肉丸」。1皿3個入りで45元です。1つの大きさはやや小ぶりなので3個くらいでちょうどよいですね。形はまん丸ではなく表面に溝が見られます。なんだか赤福みたいな模様ですね。手で成形した跡なのかな?

蝦仁肉丸(45NTD)

もともとタレがかかっていますがテーブルに別に2種類のタレがあるのでお好みで。左が蒜醬(おろしニンニク)、右が辣醬(チリソース)。右のはけっこう辛いので注意。

バーワンと言えば彰化が有名ですが、サツマイモの粉を使って油で揚げた彰化のバーワンとは違って台南のバーワンは米粉を蒸して作るタイプ。そのためよりモッチリ感が味わえます。中の具には挽き肉とエビが入っています。写真からはちょっとエビの姿が分かりませんが(笑)、間違いなく入っていますよ。

ほどほどの量なのでおやつ感覚で食べることもできますね。保安路でいろいろと食べ歩きを使用と考えている人は候補に入れてみてはどうでしょうか。

店舗情報

住所 台南市中西區保安路75號
営業時間
9:30~21:30
休日

スポンサードリンク