台東で食べたずっしりとボリュームのある水煎包 – 七里香 水煎包 滷味




日本ではそれほど知られていない台湾のB級グルメ「水煎包」(生煎包とも呼ばれる)。日本では「焼き小籠包」と呼ばれているようですが実際には小籠包とはかなり違っています。お肉よりも寧ろニラ、キャベツ、春雨などが餡に使われることが多いのが特徴、。鉄板でこんがりと焼かれた水煎包は香ばしい生地とジューシーな餡が一体となって何とも言えない美味しさです。台湾ではどの地域でもよく見られるので気軽に食べることができますよ。というわけで今回は台東にある水煎包と滷味のお店「七里香 水煎包 滷味」を紹介したいと思います。

七里香 水煎包 滷味

ちょっと分かり難い場所にある水煎包と滷味のお店

七里香 水煎包 滷味」はお店の場所がちょっと分かり難いのです。正氣路の南京路の手前に正氣橋という小さな橋があるのですがそこ(くだもの屋さんの脇)を左に入るとお店があります。

先にあるビニールシートで覆われたテントのある場所がお店。青い看板が見えますね。

こちらが「七里香 水煎包 滷味」です。

営業時間は午後3時半ごろから深夜まで。4時前くらいに来たのですがちょっと早すぎたかな? なんだか準備中のような雰囲気ですが・・・

七里香 水煎包 滷味」は店名の通り水煎包滷味のお店なのですが滷味はまだ準備ができてないようです。もうちょっと遅くなってから販売するそうです。

水煎包の方はOK。ということで今回は水煎包だけ食べることにしました。ほんとは水煎包滷味を食べようと思ってたのですが水煎包だけになったので「3個くらい注文しようかな」と思って店員さんに伝えると「3個も!」とえらく驚いていたので「え? じゃあ2個で・・・」と変更(笑)。

店頭にテントが張ってあってテーブルが用意されているのでイートインもできますよ。

デカい! ボリューム満点の水煎包

水煎包が運ばれてきたのですが・・・ 一瞬目を見開いてビックリ! デカい! 一般的な水煎包より確実に一回り大きなサイズです。通常の大きさを予想していたので「3個にしなくてよかった・・・」とほっと胸をなでおろしましよ。

水煎包(1個25NTD

手の大きさと比べてみるとその大きさがよく分かると思います。まあ2つならじゅうぶん食べれそうですね。

お箸はテーブルに置いてありますよ。

辣椒醬があるのでお好みで。ちょっと辛いのでつけすぎには注意しましょう。

生地がカリっとした歯ざわりでいい焼き加減ですね。中には豚肉、キャベツ、ニラ、ニンジン、春雨などなどとっても具だくさんでとっても美味しい。日本人的には包子ってお肉の餡をイメージするのですが台湾ではニラやキャベツが主体の包子が多いんですよね(もちろん肉包なんかもあります)。でもこれが予想以上に美味しんですよ。この水煎包も豚肉より野菜の方が存在感があるのですがメチャクチャ美味しい。もちろんボリューム満点で食べ応えもあります。

日本人観光客にはあまり知られていないお店ですがおすすめですよ。滷味も食べたいなら夜に来るのがいいですね。

店舗情報

住所 台東市正氣路385巷7號
営業時間
15:30~0:00
休日

スポンサードリンク