台中の朝ごはんにおすすめ、肉汁たっぷりの絶品肉まん – 高家肉包




台中に肉包(肉まん)が美味しいと評判の朝ごはん屋さんがあります。地元の住民に支持されているのなら間違いない、というわけで行ってみることにしました。台湾では肉まんをはじめとした包子も朝ごはんに一般的によく食べられています。専門店もあれば、早餐店とよばれる朝ごはん屋さんや豆漿店などでも見られ、早朝台湾の街を歩くと蒸したての包子が朝ごはんとして売られているのをよく見かけます。台中にもたくさんのお店がありますがその中でも特に人気が高い「高家肉包」を今回は紹介したいと思います。

高家肉包

精武駅近くの肉包が人気の早餐店

高家肉包」は台中市東区の進化路沿い、力行國小という小学校の向かいにお店があります。近くに同じ店名のお店がもう1つあるのですが関連があるのかどうかちょっとよく分かりません。

もうほとんどなにが書かれてあったのか分からないほどに古びた看板がなかなか味があります。「」の文字だけははっきり見えますね(笑)。

台湾大道からちょっと離れた場所にあるのですが、最近近くに「精武車站」という台鉄の駅ができて、そこからだと歩いて5分ほどなので以前よりはアクセスが便利になりましたね。

店名からも分かるように包子が中心の朝ごはん向けのお店。早朝5時半からオープンして昼前には閉店してしまいます。注文は店頭で口頭で行います。イートインの場合はそのまま店内へ入って空いてる席に座りましょう。

店頭で蛋餅を焼いているところ。朝ごはんの定番ですね~。

店頭では蒸しあがった肉包が次々と飛ぶように売れていきます。美味しそうですねー。

飲み物は冷蔵庫から自分で取ってOK。豆漿と奶茶(ミルクティー)がありますよ。

こちらにも飲み物のストックがあります。日本人なら当然のごとく冷蔵庫に入っているものを選びますが台湾の人は冷たい飲み物を嫌う傾向があるのでこっちを選ぶ人も多いんでしょうね。

ストックがなければ自分で注いでもOK。このお客さんストックがあるけど自分で注いでますね(笑)。まあ適当でよいのです(笑)。

こちらはワンタンのスープかな。ワンタン入りのスープ「餛飩湯」もけっこう人気のあるメニューのようです。

店内はそれほど広くありませんがほとんどのお客さんはテイクアウトしていくのでそれほど混んでいませんよ。

ツヤツヤで真っ白、ボリューム満点の肉包

注文したのは肉包(肉まん)、蛋餅、奶茶です。小籠包もありますが「高家肉包」ではとちらかというと肉包の方が人気があります。

肉包25NTD)、蛋餅30NTD)、奶茶20NTD

外側がカリっと焼かれた蛋餅。外側はサクサク、中はモッチリで美味しい。

こちらが肉包。1個25元とちょっと高めですがこのボリュームなら納得。真っ白でツヤツヤ、パンパンにふくらんだ肉包は見るからに美味しそうですねー。

一口食べると小麦粉のいい香りがフワッと漂ってきます。皮はふっくらとしていい食感、そして中にはジューシーな豚肉あんがずっしりと入っています。旨味たっぷりの熱々のあんが堪りませんね~、これは人気があるのも頷ける美味しさです。もう1個くらい食べればよかったな。

そのまま食べても美味しいですがお好みで醤油や辣椒醬をつけてもよいです。ぜひまた再訪して食べたい肉包です。次回は小籠包や餛飩湯も食べてみたいですねー。おすすめです。

店舗情報

住所 台中市東區進化路230之4號
営業時間
5:30~11:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク