人気包子店のネット投票で3位にランクされた肉包を食べてみた – 新竹黑貓包




3年前(2016年)台湾に梅姫:メーギーという名前の台風(台風17号)が上陸して各地で大きな被害を出しました。当時深刻な台風被害のニュースが流れる中、この台風に関連するほっこりするニュースもありました。どんなニュースかというと、暴風雨の中で半壊した傘をさして肉まんを食べるおばさんが話題になったんですよ。覚えている人いるかな? そしてこのニュースをきっかけに「嵐の中でも食べたいと思うほどの包子は?」という人気包子店のネット投票が実施されたんですよ。というわけで今回はその包子店のネット投票で3位にランクされた「新竹黑貓包」を紹介したいと思います。
参考:(台湾人気包子店ネットランキング)皮香料豐滋味好!熱搜全台人氣包子店!

新竹黑貓包

かわいい黒猫のマークが目印

新竹黑貓包は新竹市の北門街と民富街の交差点にある包子店。新竹駅から真っすぐに伸びる中正路から民富街に入ってすぐの場所です。駅から歩くと20分ほどでしょうか。

かわいい黒猫のロゴが目印。なぜ「黑貓包」なのかというと、もともとは「新雅香包子店」という店名だったのですが初代オーナーの女性が大変美しい方で、黒猫姐(当時美人を黒猫姐と呼んでいた)と言われていたことから「黑貓包」と呼ばれるようになったそうです。

看板の下に更に別のお店があるようにも見えるのですが海瑞槓丸という肉団子も売ってるみたいです。しかしどっちがメインなんだかよく分からない外観ですね。

包子は黑貓包のみで1個20元です。

たぶんこれが黑貓包かな。

店員さんの姿が見えませんが呼べば奥から出てきます。

1種類だけなので数だけ伝えればOK。

もっちりした生地の中はジューシーな豚肉餡

というわけで購入しました。なぜかパイナップルの絵が入った袋(笑)。

黑貓包の特徴は生地をつぎ足しながら作り続けているということ。そのため一般の包子より蒸し上がりの後の背が高くなりもっちりした食感が得られるそうです。確かにやや小ぶりのサイズにしては高さがありますね。

黑貓包1個20NTD

中にはやや色の濃い豚肉餡がゴロっと入っています。食べるとまずは生地のいい香りがふんわりと漂ってきます。そしてモチモチとした食感とともにジューシーな豚肉餡の旨味が口の中に広がってたまらない美味しさ。3位に選ばれるのも頷けますね~。

2個買ったのですがやや小さめだったのでもうちょっと食べれそうな気がしましたね。とっても美味しいので新竹に来たらぜひ食べてみてくださいね~。

店舗情報

住所 新竹市北區北門街187號
営業時間
11:00~23:00
休日
 
FB 新竹北門黑貓包

スポンサードリンク