半世紀以上営業している旧臺北圓環近くの愛玉屋台 – 圓環阿勝愛玉冰品




寧夏夜市が開催される寧夏路をずっと南に歩いて行くとロータリーに出ます。今はスッキリとした緑地として整備されていますがつい最近までは臺北圓環という商業施設があったんですよ。たぶん行ったことがあるという人もいるのではないかと思いますがもう過去の思い出ですねー。それでもこのロータリーの付近にはまだ屋台を出して営業しているお店が何軒かあるようです。今回はそんなお店の1つである愛玉の屋台「圓環阿勝愛玉冰品」を紹介したいと思います。

圓環阿勝愛玉冰品

ロータリー近くの小さな愛玉屋台

旧臺北圓環のロータリーから南京西路262巷という小さな路地に入るとすぐ屋台が2軒営業していました。左の屋台が今回訪れた「圓環阿勝愛玉冰品」です。

こんな都会のど真ん中にまだこういった昔懐かしい屋台があるというのもなかなか貴重なのではないでしょうか。

メニューは「愛玉冰」の他にも「楊桃冰」「柳丁冰」「檸檬冰」「柳丁檸檬」「檸檬紅茶」「紅茶冰」など。一番高い「愛玉冰」でも35元です。

ツルっと喉越しの良い愛玉

注文したのはもちろん「愛玉冰」。シロップに愛玉と氷が入っただけのシンプルな一品ですが、この愛玉を作るのがかなり手間がかかるんですよ。それでも「圓環阿勝愛玉冰品」では手作りにこだわっているんだそうです。

愛玉冰35NTD

プルプルとした愛玉はツルっと心地よく喉を通っていきます。ほどよく甘いシロップが愛玉の口当たりの良さを一層引き立ててくれます。ひんやりとした愛玉は暑い日にはピッタリのスイーツですね~。

美味しい愛玉はもちろんですが昔懐かしい雰囲気も味わえるお店なのでおすすめですよ。

店舗情報

住所 台北市大同區南京西路262巷(ロータリーの入り口近く)
営業時間
10:30~22:30
休日
 

スポンサードリンク