台湾の桃園国際空港でプリペイドSIMを購入する方法

2017040201_1
スポンサードリンク

海外に出かけるときに大きな課題となることの1つがネットの環境ですね。国際ローミングサービスを利用する、モバイルWi-Fiルーターを使用する、現地の無料Wi-Fiに頼る、など様々な手段がありますがぜひおすすめしたいのがプリペイドSIMを購入するという手段。比較的安価なうえに常にネットに接続できる環境が手に入り、使用頻度も気にすることなく利用することができるという大きなメリットがあります。今回は桃園空港で旅行者向けのプリペイドSIMを購入する方法を紹介します。

※以下、台湾でのプリペイドSIM契約の規定変更に関する通知。今後プリペイドSIMを購入する場合には有効期限に注意が必要です。

電子通信業を管轄する台湾の政府機関「国家通訊伝播委員会(NCC:National Communications Commission)」は2017年7月18日、台湾国内のプリペイドSIMの契約に関する規定の緩和を発表。

これまで外国人はプリペイドSIM契約時にパスポート、及び第二身分証明書の提示が必要とされていたが今後は搭乗チケット、入国スタンプ或いは民間組織の発行する顔写真付き証明書を提示することでも契約が可能。

第二身分証明書とは台湾で発行された入出境許可証、居留証、国際学生証などを指すが、短期滞在の旅行者などいずれも持ち合わせていない場合は本国で発行された写真付き証明書(運転免許証など)が第二身分証明書として有効とされていた。
(但し、日本国籍保有者は特例として台湾の空港内で営業する各キャリアのカウンターでプリペイドSIMを購入する場合は第二身分証明書の提示は不要。)

また、これに伴ってNCCは犯罪抑止、治安維持などの観点から今後販売されるプリペイドSIMの有効期限を最長で1カ月にすると発表。有効期限が切れた場合、継続して利用することは不可能となる。

プリペイドSIMを購入するメリット

値段の安さ

プリペイドSIMのメリットは何かと言えば、それはもう値段の安さに尽きるでしょう。自分も最初の頃はいわゆる海外パケ・ホーダイといったような国際ローミングサービスを使っていましたが、今になって思えば「何てもったいないことをしていたんだろう・・・」と。

大手3社それぞれ以下のようなサービスがあり、1日に一定の使用量に達するといずれも1日あたり2,980円(2017.3.28時点)となります。現地では地図アプリなど頻繁に使用するので、すぐに一定の使用量を越えてしまいます。
NTTドコモ:海外パケ・ホーダイ
ソフトバンク:海外パケットし放題
au:海外ダブル定額

例えば台湾に5日間滞在したとして、国際ローミングサービスを使い毎日2,980円の費用がかかったとすると、トータルで14,900円ですよ!! せっかくLCCを使って旅費を安くしてもこれでは意味がありませんよね。
これが現地のプリペイドSIMの、例えば5日間300元のプランを購入すれば約1,100円!!(2017.3.28時点)大きな違いですよね。

いつでもネットに接続できる安心感

台湾、特に台北などは無料WiFiが充実しているので日本に比べてかなり便利なのですが、例えば街を歩いているときに地図を確認したくなった、というようなことはよくありますよね。やはり無料WiFiだけではカバーできない部分もあります。それに比べてプリペイドSIMを入手すれば、いつでもネットに接続できるという安心がありますね。

スポンサードリンク

桃園国際空港でのプリペイドSIMの売り場

桃園空港第1ターミナル

LCCを使っている人はおそらく大部分が第1ターミナルを利用していると思います。第1ターミナルでのプリペイドSIMの売り場は迎賓ロビーに出て右手の位置にあります。
2017040203_1
※画像は台湾桃園国際空港HPより引用

迎賓ロビーへ出たら右へ進みます
2017040204
電信服務というカウンターがあり中華電信Chunghwa Telecom)、台湾大哥大Taiwan Mobile)、遠傳電信Far Eastone)の3社がSIMカードの販売を行っています。
2017040205

桃園空港第2ターミナル

第2ターミナルでのプリペイドSIMの売り場は迎賓ロビーを出て左へ進み出国ロビーの方へ回る途中の通路にあります。。
2017040203_2
※画像は台湾桃園国際空港HPより引用

迎賓ロビーへ出たら左へ進みます
2017040206
迎賓ロビーの反対側にある出国ロビーへ回る途中の通路に電信服務のカウンターがありこちらも中華電信Chunghwa Telecom)、台湾大哥大Taiwan Mobile)、遠傳電信Far Eastone)の3社がSIMカードの販売を行っています。
2017040207

営業時間

各ブースの営業時間です。(2017.3.28時点)
中華電信

第1ターミナル:8:00~24:00
第2ターミナル:8:00~22:00

台湾大哥大
第1ターミナル:7:30~24:00
第2ターミナル:7:30~22:00

遠傳電信
第1ターミナル:8:00~24:00
第2ターミナル:8:00~22:00

スポンサードリンク

SIMカードの料金(中華電信台湾大哥大遠傳電信

各社のカウンターにはプラン別に旅行者向けプリペイドSIMの料金が書かれたパネルが置いてあるので確認することが出来ます。これらのプランは空港でのみ購入可能なもので、空港以外の店舗では購入できません。
※下の写真は左から中華電信、台湾大哥大、遠傳電信(2017.7.27時点)
2017040209 2017040210 2017040211
中華電信、台湾大哥大、遠傳電信の3社の料金を一覧にまとめてみました。
※下の表は各社の4Gデータ通信無制限のプランについてまとめています。
2017040216
この表を見る限りでは通話(無料通話可能な料金)を無視すれば、7日のプランにおいて遠傳電信がやや安い以外は3社ともほぼ同じ料金ですね。

おそらく大部分の人がデータ通信(インターネットなど)の利用がメインで、通話の利用はほとんど無いのではないでしょうか。そうであるなら通話は考慮に入れず、旅行の期間に応じて安いプランを選べばよいと思います。

中華電信台湾大哥大遠傳電信、全て実際に購入して使ったことがあるのですが(台湾大哥大遠傳電信は今でもリチャージして使い続けています。)、いずれも特に不自由なく利用することができましたよ。1度限りの使用ということであればどれを選んでもそれほど差はないと思います。カウンターが空いているキャリアのプリペイドSIMを購入するという選び方でもよいのではないでしょうか。

各社の詳しいプリペイドSIMのプランの情報は下記を参照。
参考:中華電信 4G LTE プリペイドカード
参考:台灣大哥大 3G / 4G 預付卡
参考:旅客上網卡, 預付型產品, 預付型, 產品 ‧ 資費, 遠傳電信

スポンサードリンク

プリペイドSIMの購入方法

プリペイドSIMを購入するうえで必要なもの

1.SIMフリースマートフォン
 当然ですがSIMフリーの端末、或いはSIMロックを解除した端末を持っていることが前提です。ソフトバンクやNTTドコモなどを利用している場合は事前にSIMロックを解除しておく必要があります。
 参考:SIMロック解除の手続(NTTドコモ)
 参考:SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する(ソフトバンク)
 参考:SIMロック解除のお手続き(au)

2.パスポート、及び身分証明書
 どのキャリアもパスポートは必ず必要。また場合によってはパスポート以外の身分証明書も必要なので準備しておくことをお勧めします。

3.現金(台湾ドル)
 クレジットカードが使用できない場合があるので現金(台湾ドル)を持っておく必要があります。先に外貨両替を行っておくことをおすすめします。
 ※中華電信ではクレジットカード、外貨(日本円)での支払いはできません。

SIMカードの購入手続き

購入の手続きは非常に簡単。キャリア(中華電信、台湾大哥大、遠傳電信)とプランを決めたら、そのキャリアのカウンターに行って購入したいプランを伝えます。3社とも各プランにA、B、C・・・という風に記号を振ってあるので、それを参考にすればすぐに伝わると思います。

SIMフリーの端末を持っているか聞かれるので、持っている旨を伝えます。カバーを付けている場合は外しておきましょう。

パスポートや身分証明書などを提示して、書類に必要事項を記入します。SIMの設定などは各社ともスタッフの人が行ってくれるので、設定後にネットに接続できることを確認して終了です。
2017040212

スポンサードリンク

その他各社のプリペイドSIMの特徴

中華電信はWiFiも利用可能

中華電信のプリペイドSIMを購入すると、中華電信が台湾国内に展開する「CHT Wi-Fi」というWiFiを利用することも可能です。購入したプリペイドSIMの電話番号から「5397」を発信して起動することにより利用可能となります。

プラン終了後のSIMの継続使用について

中華電信

空港で販売されている旅行者向けプランは利用可能期間が終了するとリチャージすることも不可能となり、その後一切使用はできません。その為、再度台湾を訪れる予定があるなどの理由でSIMを継続して使用したい場合は、旅行者向けのプランではなく通常の店舗で販売されているプランでプリペイドSIMを購入することをおすすめします。
2017040213
台北市内の中華電信の店舗で確認したところ、桃園空港の店舗でも通常の店舗で販売されているプランは購入可能ということです。

台湾大哥大

空港で販売されている旅行者向けプランの利用期間が終了してもSIM自体の有効期限は185日であり、その間にリチャージすれば再び利用可能となります。アプリやオンラインで購入することも可能なので日本にいながら渡航前にプランを購入することもできます。

自分も以前、桃園空港で台湾大哥大の旅行者向けプランでプリペイドSIM購入し、その後リチャージを続けて今でも利用しています。リチャージすると有効期限が再びそのときから185日まで延びるのです。

またすぐに台湾へ行く予定のある人は台湾大哥大のプリペイドSIMを購入するとよいかもしれませんね。
2017040214

遠傳電信

遠傳電信のプリペイドSIMも180日間の有効期限があるので、旅行者向けプランの利用期間が終了しても有効期限内にリチャージすれば再び利用可能となります。こちらもアプリやオンラインで購入することができるので渡航前にプランを購入しておくことが可能です。
2017040215
※画像は遠傳電信HPより引用

まとめ

国際ローミングサービス、無料WiFi、プリペイドSIMをそれぞれ使用して台湾で滞在した経験から、もしSIMフリー端末を持っているのであればプリペイドSIMを購入することを間違いなくおすすめします。

無料WiFiだけで10日間ほど通したこともあるのですが、やはりどうしてももどかしいときが出てきますね。10日でも500元のプランであれば約1,800円なので、これで常にネットに接続できる環境が手に入るのであれば安いものです。

また、プリペイドSIMを購入すると電話番号が手に入るので、例えば郵便局で荷物を郵送するとき、バイクをレンタルするときなどホントに連絡可能な電話番号を記載することができます。

などなどプリペイドSIMを入手すると色々とメリットが大きいので検討している人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク
2017040201_1