台湾大哥大のアプリを使ってクレジットカードでSIMをリチャージする方法




台湾旅行へよく出かける人の中には台湾のプリペイドSIMを購入して使い続けている人がいるのではないでしょうか。有効期限が6ケ月あるのでその間にリチャージすれば何度でも利用できます。台湾を訪れる度に空港でプリペイドSIMを買い直す必要がないので非常に便利ですよね。リチャージする方法も各通信キャリアの店舗へ行く、コンビニ、オンラインなどさまざまな手段が用意されています。というわけで今回は台湾大哥大のプリペイドSIMを公式アプリを使ってクレジットカード払いでリチャージする方法を紹介したいと思います。

クレジットカードを使ったリチャージの方法

台湾大哥大のアプリについて

台湾大哥大の公式アプリ「台灣大哥大行動客服」の登録については下記記事を参照してください。

台湾大哥大のアプリ台灣大哥大行動客服を登録してみました

2017.07.08

 

アプリによるリチャージ手順

台湾大哥大のアプリを起動してログインします。
メインメニューの「立即儲值」をタップします。
アカウントの詳細が表示されます。下へスクロールするとリチャージのプラン選択の画面が表示されます。
リチャージするプランを選択します。
ここでは儲值類別から「行動上網(計日型)儲值から「100元 1日型上網吃到飽」を選択します。
行動上網(計日型):データ通信のプラン(一定期間内使い放題のタイプ)
100元 1日型上網吃到飽:1日ネット接続無制限プラン 価格100元
付款方式(支払方法)を選択します。ここでは「信用卡」を選択します。
信用卡:クレジットカードによる支払い
金融卡:キャッシュカードによる支払い
餘額低扣:アカウントの残高からの支払い
クレジットカード情報を入力します。
信用卡卡號:クレジットカード番号
信用卡有效日:有効期限
信用卡末3碼:3桁のセキュリティコード
發票項目(レシートの受取)を選択、Email通知にEmailアドレスを入力して「下一」をタップします。

發票項目は手機條碼を持っていれば「電子發票(手機驗證)」が選択できます。「電子發票(手機驗證)」を選択した場合は手機條碼を入力します。

台湾のSIMカードを使い続けるなら手機條碼を申請しよう

2017.05.13

手機條碼を持っていなければ電子發票(愛心碼)」(レシートくじに当選したら寄付されます)を選ぶ以外にありません。
入力内容に間違いがなければ「確認付款」をタップします。
您已儲值成功と表示されたらリチャージ完了です。
リチャージが完了するとショートメッセージ(SMS)が送られてきます。

リチャージの結果を確認

購入したプランを確認

メインメニューの「詳細內容」をタップします。
1日使い放題のプランを購入したので「計日型」の有効期限(到期日期)が購入した日(2017年12月14日)の翌日までとなっていることが分かります。
 

SIMの有効期限を確認

リチャージ前とリチャージ後のアカウントの状態を比較してみます。下記のようにSIMの有効期限がリチャージした日(2017年12月14日)から6ケ月(台湾大哥大の場合185日)後の2018年6月17日に更新されていることが分かります。
門號有效日
(有効期限):2018年4月28日 → 2018年6月17日

まとめ

アプリだと台湾大哥大のショップやコンビニに行くことなく手軽にリチャージできるので便利ですね。渡航前に日本にいながらリチャージを行うことも可能です。

リチャージの方法はそれぞれメリット、デメリットがあるのでうまく使い分けて利用するとよいですね。

以下の記事も参考にしてください。

上級者向け、台湾プリペイドSIMの継続利用について(有効期限、リチャージ方法など)

2017.12.10

 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク