台湾大哥大のアプリ台灣大哥大行動客服を登録してみました

2017071701_1
スポンサードリンク

以前、台湾を訪問したときに桃園国際空港で台湾大哥大のプリペイドSIMを購入しました。台湾大哥大は台湾の3大大手通信キャリアの内の1つで利用したことがある人は多いのではないかと思います。台湾大哥大の旅行者向けプリペイドSIMはデータ通信のプラン(3日間、5日間など)が終了した後もSIM自体の有効期限が185日間あり、その間にリチャージを行えば繰り返し使用することができるので台湾リピーターにとってはありがたいですね。プリペイドSIMを更に便利に使う為には公式アプリを登録することをおすすめします。今回は台湾大哥大の公式アプリ「台灣大哥大行動客服」の登録方法を解説します。

※以下、台湾でのプリペイドSIM契約の規定変更に関する通知。今後プリペイドSIMを購入する場合には有効期限に注意が必要です。

電子通信業を管轄する台湾の政府機関「国家通訊伝播委員会(NCC:National Communications Commission)」は2017年7月18日、台湾国内のプリペイドSIMの契約に関する規定の緩和を発表。

これまで外国人はプリペイドSIM契約時にパスポート、及び第二身分証明書の提示が必要とされていたが今後は搭乗チケット、入国スタンプ或いは民間組織の発行する顔写真付き証明書を提示することでも契約が可能。

第二身分証明書とは台湾で発行された入出境許可証、居留証、国際学生証などを指すが、短期滞在の旅行者などいずれも持ち合わせていない場合は本国で発行された写真付き証明書(運転免許証など)が第二身分証明書として有効とされていた。
(但し、日本国籍保有者は特例として台湾の空港内で営業する各キャリアのカウンターでプリペイドSIMを購入する場合は第二身分証明書の提示は不要。)

また、これに伴ってNCCは犯罪抑止、治安維持などの観点から今後販売されるプリペイドSIMの有効期限を最長で1カ月にすると発表。有効期限が切れた場合、継続して利用することは不可能となる。

桃園空港で台湾大哥大のSIMを購入

以前、桃園国際空港で台湾大哥大の旅行者向けのプリペイドSIMを購入しました。

台湾の桃園国際空港でプリペイドSIMを購入する方法

2017.04.02

台湾大哥大のプリペイドSIMはデータ通信のプラン(3日間、5日間など)が終了した後もSIM自体の有効期限が185日間あるので、その間にリチャージを行えば繰り返し使用することができるので台湾リピーターにとっては便利です。

台湾大哥大のプリペイドSIMを今後も繰り返し使用するなら公式アプリを登録しておくと便利なので登録手順を解説しますね。
2017071718

台湾大哥大のアプリ「台灣大哥大行動客服」

アプリをインストール

まず台湾大哥大の公式アプリ「台灣大哥大行動客服」をインストールします。
Mac App Store

Google Play
台灣大哥大行動客服
Developer: match App
Price: Free

会員登録

会員登録の工程の中でSMSを使用する為、登録は台湾滞在中に行ってください。空港でSIMを購入したらすぐにアプリの登録を行うことをおすすめします。

台灣大哥大行動客服をタップしてアプリを起動します。
2017071702登入」をタップします。
20170717031分鐘加入 台灣大客戶」をタップ。
2017071704以下の必要事項を入力し、「我已閱讀並同意 台灣大客戶使用條款」にチェックを入れて「驗證門號」をタップ。
帳號
 SIMの電話番号を入力。
密碼
 パスポート番号を入力。
2017071705SMSで驗證碼(3桁の数字)が送られてきます。
2017071706SMSで送られてきた驗證碼(3桁の数字)を入力して「完成註冊」をタップ。
これで会員登録は完了です。
2017071707

パスワードの変更

登入會員中心」をタップ。
2017071708会員登録完了後の流れですが、まず最初にパスワード変更を行うようです。「ようです」というのはどういうことかというと、実はこのとき本来とは違う手順を行ってしまいまして、パスワード変更が正しい流れというのを後で知ったのです。一応アプリは使えるようになったのですが、本来の手順と実際に行った手順を両方併記しておきます。

【本来のパスワード変更の流れ】
以下の必要事項を入力し「登入」をタップ。
帳號
 SIMの電話番号を入力。
密碼
 パスポート番号を入力。
輸入驗證碼
 入力エリアの下に表示された数字を入力。
2017071710_1この後、パスワード変更の画面が表示されるので以下の流れで処理を行います。
1.パスワード変更
  旧パスワード、新パスワードを入力して実行。
2.暗証番号発行
  SMSに暗証番号が送られてくる。
3.パスワード変更完了
  SMSに送られた暗証番号を入力して実行〜パスワード変更完了。

この後の手順は後述の「アプリにログイン」からの流れとなります。

【実際に行った手順】
実際におこなった手順です。本来ここで「帳號:SIMの電話番号」「密碼:パスポート番号」「輸入驗證碼:入力エリアの下に表示された数字」を入力して、次画面でパスワードの変更を行うようなのですが会員登録を行った時点で新しいパスワードが発行されるものだと思い込んでいたので、ここで入力するパスワードがわからずパスワードの再発行をしてみようと思いました。一応この手順でもアプリは使えるようになりました。
 
忘記密碼」をタップ。
2017071710_3SMSで新しいパスワードを発送した旨のメッセージが表示されます。
2017071711 SMSで新しいパスワードが送られてきます。
2017071712

アプリにログイン

アプリのログイン画面において以下の必要事項を入力して「登入」をタップ。
門號
 SIMの電話番号を入力。
6-12碼
 SMSで送られた新しいパスワードを入力。

記住門號與密碼にチェックを入れると門號とパスワードを記憶します。
2017071712_1ログインできました。これでアプリを使うことができます。
2017071714

アプリの機能

アプリの使い方を簡単に説明します。

メイン画面

メイン画面の中央部に表示された項目については以下の通り。
1.通話餘額
  残額が表示されます。残額とは通話に使用可能な金額です。つまり下の例では150元分の通話ができるということです。また残額はデータ通信のプランの購入に充てることもできます。
2.門號有效日
  SIMの有効期限です。下の例では2017年10月5日まで有効ということになります。門號有效日はリチャージ(通話餘額に対して補充する。またデータ通信のプランを購入する。)を行うとその時点から延長(台湾大哥大の場合185日)されます。
2017071714

詳細内容

メイン画面で「詳細內容」をタップすると本画面に移動。アカウントの状態についての詳細が表示されます。
2017071715

線上儲值

メイン画面で「立即儲值」をタップすると本画面に移動。リチャージ(通話餘額に対して補充する。またデータ通信のプランを購入する。)を行うことができます。
20170717162017071717

まとめ

台湾大哥大はホームページからのリチャージも分かり易くて使い勝手がよいですね。アプリが使えれば更に便利になると思います。

渡航前に日本からリチャージしておけば台湾に到着した瞬間からデータ通信が可能になりますね。うまく使いこなして台湾旅行をスムーズにしたいものです。

以下の記事も参考にしてください。

台湾大哥大のプリペイドSIMをオンラインリチャージする方法

2017.05.19

バウチャーカードで台湾大哥大のSIMを延命(有効期限を延長)する方法

2017.04.14

スポンサードリンク
2017071701_1