バウチャーカードで遠傳電信のプリペイドSIMをリチャージする方法(アプリから)




台湾リピーターの中には、現地でプリペイドSIMを購入して、渡航する度にそれを継続して利用している人もいると思います。SIMカードの有効期限内に再び台湾に行くことができれば、データ通信のプランを購入することで何度でも使用できるので便利である一方、一定期間台湾へ行く予定が無いと有効期限切れで使用不可となってしまいます。そんなときはSIMカードの残高に対してリチャージを行う(トップアップと言います)ことで有効期限を延長することができます。今回はバウチャーカードを使って遠傳電信のプリペイドSIMの有効期限を延長する方法を紹介します。

バウチャーカードを使って残高をリチャージ

残高とは?

残高とはアカウント(プリペイドSIMの電話番号)にストックされている金額のことで、基本的に通話に適用されます。また通話以外にも、この金額を利用してインターネットに接続する為のデータ通信のプランを購入することが可能です。

バウチャーカードとは?

残高対してリチャージを行うには「遠傳電信の実店舗を訪れてリチャージ」「遠傳電信の公式アプリやWebサイトからリチャージ」「コンビニでリチャージ」などの方法がありますが、それ以外に下の写真のようなバウチャーカードを購入して残高をリチャージすることもできます。

バウチャーカードは裏面がスクラッチになっていて、スクラッチ部分を削ると番号が現れます。その番号を使用することで額面の金額が残高に充当されます。

台湾プリペイドSIM用のバウチャーカードはどこで販売? 安く買える?

2017.05.29

2017080606

リチャージすることで有効期限が延びる

残高に対してリチャージを行うことでSIMの有効期限がリチャージした日から半年後()へと更新されます。

遠傳電信のプリペイドSIMは有効期限が半年()なのですがその間に台湾へ行く予定が無く、そのまま放置しておくと有効期限切れになってしまいますね。

そういうときに残高にリチャージを行うことでアカウントにお金をストックしつつ有効期限を延長することができます。そして将来台湾へ行くというときに残高を利用してデータ通信のプランを購入できるというわけです。

*1 遠傳電信のプリペイドSIMの有効期限について
遠傳電信はプリペイドSIMの有効期限が半年とされています。実際にリチャージしたところ有効期限は186日延びました

リチャージの方法

バウチャーカードを用意

今回はこの額面150NTDのバウチャーカードを使用。裏面にスクラッチ部分があります。

スクラッチを削ると14桁の数字が書かれています。後の手順でこの14桁を数字を使用します。

アプリの操作手順

アイコンをタップして遠傳電信の公式アプリ「遠傳心生活」を起動します。

遠傳心生活」にログインします。
この時点(2021年1月25日)で、残高(餘額)が179.0元、有効期限(到期日)が2021/02/04であることが分かります。

餘額/上網容量」をタップしてアカウントの詳細ページへ移動してみます。

ここでも有効期限(門號效期)が2021/02/04であることが確認できます。

それではバウチャーカードを使ったリチャージを行います。
儲值卡儲值」をタップします。

儲值卡密碼」にバウチャーカードの裏面に記載された14桁の数字を入力します。

確認」をタップします。

これでリチャージ完了です。

再度アカウントの詳細を確認してみましょう。
有効期限(門號效期)が2021/07/30に、残高(通話金餘額)が328.96元に更新されているのが分かります。

トップページでも有効期限(到期日)が2021/07/30に、残高(餘額)が329.0元に更新されているのが確認できます。

まとめ

遠傳電信の公式アプリは、台湾国外のクレジットカード使えないようなので、日本国内でリチャージをするにはバウチャーカードを使った方法しかありません。

なので「次回はいつ台湾へ出かけることができるか分からない」「でも遠傳電信のSIMカードはキープしておきたい」という場合は台湾滞在中にバウチャーカードを数枚入手しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク