遠傳電信のプリペイドSIMを購入したのでアプリをインストールしてみました

2017061201_2
スポンサードリンク

先日、台湾を訪問した際に桃園国際空港で遠傳電信のプリペイドSIMを購入しました。台湾の3大大手通信キャリアの内、中華電信と台湾大哥大のプリペイドSIMはすでに持っているので(空港で購入できる中華電信の旅行者向けのSIMはプラン終了後のリチャージは不可なので後に台北市内の中華電信ショップで購入したもの)、これで最後の1つを入手したことになります。これから3社の利便性の違いなどを検証していきたいと思います。さて、SIMを入手したところでまずは遠傳電信の公式アプリをダウンロードしてみました。今後もリチャージなどに利用することになると思います。

※以下、台湾でのプリペイドSIM契約の規定変更に関する通知。今後プリペイドSIMを購入する場合には有効期限に注意が必要です。

電子通信業を管轄する台湾の政府機関「国家通訊伝播委員会(NCC:National Communications Commission)」は2017年7月18日、台湾国内のプリペイドSIMの契約に関する規定の緩和を発表。

これまで外国人はプリペイドSIM契約時にパスポート、及び第二身分証明書の提示が必要とされていたが今後は搭乗チケット、入国スタンプ或いは民間組織の発行する顔写真付き証明書を提示することでも契約が可能。

第二身分証明書とは台湾で発行された入出境許可証、居留証、国際学生証などを指すが、短期滞在の旅行者などいずれも持ち合わせていない場合は本国で発行された写真付き証明書(運転免許証など)が第二身分証明書として有効とされていた。
(但し、日本国籍保有者は特例として台湾の空港内で営業する各キャリアのカウンターでプリペイドSIMを購入する場合は第二身分証明書の提示は不要。)

また、これに伴ってNCCは犯罪抑止、治安維持などの観点から今後販売されるプリペイドSIMの有効期限を最長で1カ月にすると発表。有効期限が切れた場合、継続して利用することは不可能となる。

桃園空港で遠傳電信のSIMを購入

下の写真は桃園国際空港第1ターミナルのプリペイドSIM販売カウンター。遠傳電信のブースでプリペイドSIMを購入しました。

台湾の桃園国際空港でプリペイドSIMを購入する方法

2017.04.02

遠傳電信のプリペイドSIMはデータ通信のプラン終了後も186日間の有効期限があるということなので今後も利用することを考えて公式アプリをダウンロードしてみました。
2017061202

遠傳電信のアプリ「遠傳行動客服」

アプリをインストール

まず遠傳電信の公式アプリ「遠傳行動客服」をインストールします。
Mac App Store

Google Play

遠傳行動客服をタップしてアプリを起動します。
2017061203

遠傳行動客服にログイン

登入」をタップします。
2017061204次の画面で電話番号とパスワードを入力するのですが、パスワードはSIMを購入して設定してもらった後、データ通信が有効になった時点で送られてくるSMS(ショートメッセージ)に記載されています。
2017061204_1電話番号とパスワードを入力して「確認」をタップします。
2017061205トップ画面。使用可能餘額というのは通話に使用できる残高(データ通信プランの購入にも使用可能)のことで、このときはもうすでに計日型のプラン終了後なので0元。リチャージすれば補充できます。
2017061206

主な機能について

アプリで使用するであろう主な機能をザックリと紹介します。

帳單/餘額」をタップすると下にアカウントに関するメニューが3つ表示されます。
2017061207_1帳單/餘額」メニューの「我的交易記錄」をタップすると以下のような画面が表示されます。SIM購入後まだ1度もリチャージを行っていないので「繳費儲值」には購入時の記録だけが表示されています。
2017061208帳單/餘額」メニューの「4G我的餘額」をタップすると以下のようにアカウントの状態が表示されます。黄色部分の「我要儲值」「上網加購」をタップすると餘額(残高)のリチャージやデータ通信プランの購入画面へ移動します。
2017061209繳費/儲值」をタップすると下にリチャージに関するメニューが3つ表示されます。
20170612104G我要儲值」をタップすると下のような餘額(残高)のリチャージ画面へ移動します。クレジットカードの支払いで餘額(残高)をリチャージすることが可能です。
20170612114G上網用量加購(易付)」をタップすると下のようなデータ通信プランの購入画面へ移動します。
遠傳電信はデータ通信プランを購入する場合、餘額(残高)からの支払いのみ可能でクレジットカードの支払いなどによって直接購入することはできないようです。つまり、まず餘額(残高)を補充してからその餘額(残高)からデータ通信プランを購入するという流れです。
2017061212快速儲值」をタップすると下のような餘額(残高)のリチャージ画面へ移動します。快速儲值」はログインせずに「請輸入您的遠傳門號」に電話番号、「請輸入您的身分證字號」にパスポート番号を入力することでリチャージが可能です。
2017061213

台湾国外のクレジットカードが使えない

遠傳電信のアプリはリチャージの機能があるのですが、どうも台湾国外のクレジットカードが利用できないようです(WEBサイトも同様でした)。(以前は利用できていた、という情報があります)

これはちょっと痛いですね。これでは日本からリチャージする方法はバウチャーカードを使って専用ダイヤルに電話する方法しかありません。

バウチャーカードで遠傳電信のプリペイドSIMの有効期限を延長する方法

2017.07.27

現状では遠傳電信のアプリは残高からデータ通信プランの購入とアカウントの状態(残高など)の確認しか使えないようですね。ちょっと将来日本のクレジットカードでも利用できるようになることを期待しましょう。


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017061201_2