中華電信のプリペイドSIMをファミリーマートでリチャージ(儲值卡儲值)




台湾のプリペイドSIMをリチャージしたい場合はアプリ、WEBサイト、自動音声ダイヤル、直接ショップに行くなどなど各通信キャリアともいろんな方法が用意されています。また上記の方法以外にもコンビニでリチャージすることもできるのです。日本でもお馴染みセブンイレブンやファミリーマートなどコンビニ大国の台湾では店舗数も多くていざと言う時にはとっても便利です。というわけで今回は中華電信のプリペイドSIMをファミリーマートでリチャージする方法を紹介したいと思います。ファミリーマートでプリペイドSIMのリチャージする場合「儲值卡儲值」と「立即儲」の2種類が選べるのですが今回は「儲值卡儲值」によるリチャージの方法を解説します。

コンビニでのリチャージのメリット

中華電信はアプリからリチャージが可能なのでわざわざコンビニに行ってリチャージする必要はないのでは?という意見もあるかもしれません。確かにアプリからリチャージする方がはっきり言って楽チン。でもコンビニでのリチャージもメリットがいくつかあるのです。

ネットに接続できなくてもリチャージ可能

それまで使っていたプランが終了してしまってネットに接続できない! というような状態では当然アプリやWEBサイトからのリチャージはムリですよね。そういう時はコンビニでリチャージするのが便利です。

中華電信のショップでリチャージすることもできますがコンビニの方がはるかに店舗数が多いのでお店を見つけるのも簡単ですね。
2018032102

確実にレシートがもらえる

台湾のレシートはくじになっているのでできれば貰っておきたいですよね。しかしアプリでリチャージした場合は当然レシートは発行されません。手機條碼を入手すればデータとしてレシートの受取りができる場合がありますが必ずしも常に利用できるとは限らないようです。

コンビニでリチャージするときは、まずマルチディア端末(ファミリーマート:FamiPort、セブンイレブン:ibon など)を操作してその後レジで清算する、という手順なので確実にレシートを手に入れることができます。
2018032124

リチャージのタイプは2種類

中華電信のプリペイドSIMをファミリーマートでリチャージする場合は以下の2種類のタイプから選択することができます。

儲值卡儲值

1つは儲值卡儲值というタイプ。これは儲值卡(リチャージカード)という形でデータ通信のプランを購入します。明細に14桁の暗証番号が記載されていてこの暗証番号を使ってリチャージを行います。リチャージの方法は以下の2つ。

(1)自動音声ダイヤル
928に発信(中華電信以外の電話番号から発信する場合は0928-000928)して、自動音声案内に従って暗証番号を入力することでリチャージが実施されます。

(2)アプリを使用
中華電信の専用アプリを使用して暗証番号を入力することでリチャージが実施されます。

今使ってるプランの容量がもうすぐ無くなりそうなので早めに新しいプランを買っておきたい、というような場合は儲值卡儲值のタイプを購入するのがよいと思います。現在使ってるプランが終了したタイミングでリチャージすることができます。

立即儲

もう1つは立即儲というタイプ。これはファミリーマートのレジで清算した直後に自動的にリチャージが実行されるというプランです。

今まで使っていたプランがすでに終了してしまったので今すぐリチャージしたい! というような場合は立即儲のタイプを購入すると良いと思います。購入した後、特に何もしなくてもすぐにネットに接続できるようになります。

儲值卡儲值によるリチャージの手順

今回は儲值卡儲值の方法でリチャージを行う方法を解説したいと思います。

①FamiPortの操作手順

台湾のファミリーマートにあるマルチディア端末FamiPortを使用してリチャージ用のプラン(商品)を購入します。

儲值」をタップ。

電信預付卡」をタップ。

チェックボックスにチェックを入れ「同意」をタップ。

中華電信行動預付卡 上網儲值」をタップします。
上網儲值がデータ通信用のリチャージ、語音儲值は通話用のリチャージです。

データ通信のプランが表示されます(△▽でページ切替え)。

プラン(4G)の内容は以下の通り(プランは変更されることがあります)です。
(注)何度か試したのですが1日(24時間)のプランはリチャージしてもSIMの有効期限が延長されないみたいです。(アプリでリチャージした場合も同様でした。)

商品タイプ 日数/容量 価格 立即儲 儲值卡儲值
計日型 1日(24時間) 100  
計日型 30日 999
計日型 90日 2300  
計量型 1G 180
計量型 2.2G 300
計量型 5G 699
計量型 8G 1000

ピンク色が「立即儲」、ブルーが「儲值卡儲值」のタイプです。
ここでは計量型1GBの「儲值卡儲值」のプラン(2ページ目)を選んでみました。

(1ページ目:立即儲のタイプ)

中華電信上網儲值碼1GB」をタップします。

(2ページ目:儲值卡儲值のタイプ)

購入するプランの内容が表示されるので間違いなければ「確認」をタップします。

列印繳費單」をタップします。
※チェックボックスの「」は「削除」という意味なのでチェックしないようにしましょう

「印刷中、少々お待ちください」という旨の表示。

画面下部分からレシートが印刷されます。このレシートをレジへ持って行って精算します。

レジで清算するとレシートと暗証番号がかかれた明細を受け取ります。

②アプリに暗証番号を入力してリチャージ

明細に記載された14桁の暗証番号を使ってリチャージを実行するには以下の方法があります。
(1)アプリを使ってリチャージ
(2)電話(自動音声案内)によるリチャージ
今回は簡単な「(1)アプリを使ってリチャージ」の方法を解説します。

中華電信の公式アプリの登録については下記を参照してください。

中華電信のプリペイドSIMを手に入れたらアプリを登録しよう

2017.04.24

明細の儲值密碼(PIN CODE)と書かれている下の14桁の数字が暗証番号です。

アイコンをタップしてアプリを起動します。
儲值」をタップします。
儲值卡儲值」をタップします。
儲值」に明細に記載された暗証番号(14桁の数字を入力して「儲值」をタップします。
儲值成功」と表示され、これでリチャージ完了です。
購入したプランが開始された旨のショートメッセージ(SMS)が届きます。
計量型法案」に購入したプランが表示されているのが確認できます。
 

リチャージ前後のプリペイドSIMの有効期限を比較

リチャージ後にプリペイドSIMの有効期限更新されていることが分かります。
※門號效期(有効期限)が購入日(4/26)から6ヶ月後(180日後)の10/23に更新されている。
 

まとめ

コンビニでのリチャージも1つの方法として知っておくといざと言う時に便利なので頭に入れておくとよいと思います。状況によっていろんな方法を使い分けるのがよいですね。

以下の記事も参考にしてください。

中華電信のプリペイドSIMをファミリーマートでリチャージ(立即儲)

2018.04.02

中華電信のアプリを使ってクレジットカードでSIMをリチャージする方法

2017.08.26

中華電信のSIMをアプリでリチャージ〜残高を使ってデータ通信プランを購入

2017.08.18

中華電信のSIMをアプリでリチャージ〜有効期限を延長する方法

2017.07.14

バウチャーカードで中華電信のSIMをリチャージ、有効期限を延長する方法

2017.06.01

中華電信のプリペイドSIMをセブンイレブンでリチャージする方法

2017.04.27

おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク