中華電信のプリペイドSIMをセブンイレブンでリチャージする方法

2017042701_3
スポンサードリンク

何度も台湾を訪れている台湾リピーターの中には現地でのネット接続手段としてプリペイドSIMを利用している人は多いはず。更に一度購入したプリペイドSIMをキープして訪台するたびに使用している人も中にはいるのではないでしょうか。同じSIMを再度使うにはリチャージする必要があり、その方法も各通信キャリアとも色々と用意されています。今回は中華電信のプリペイドSIMをコンビニ(今回はセブンイレブン)でリチャージする方法を解説します。

セブンイレブンで中華電信のプリペイドSIMをリチャージ

中華電信のプリペイドSIMのリチャージは当然SIMの有効期限内(180日間)に行う必要があるのですが、空港で販売されている中華電信の旅行者向けプランのプリペイドSIMは有効期限がプランの利用可能日数(3日間、5日間など)と同じである為、プラン終了後にリチャージすることが出来ません。

台湾の桃園国際空港でプリペイドSIMを購入する方法

2017.04.02

中華電信のリチャージ可能であるプリペイドSIMは各地の中華電信ショップで販売されている旅行者向けのプランではない通常のプリペイドSIM(一応空港でも購入できるようです)が対象となります。

台北市内の中華電信ショップでプリペイドSIMを購入してみた

2017.04.06

セブンイレブンでリチャージする流れは
・セブンイレブンのibonでプラン(商品)を購入。
・アプリ、電話などの方法でリチャージ。
のようになっていますので、順に説明していきますね。

セブンイレブンのibonの操作手順

台湾のセブンイレブンにあるマルチディア端末ibonを使用してリチャージ用のプラン(商品)を購入します。
2017042702
儲值/繳費」をタップ。
2017042703
電信服務」をタップ。
2017042704
中華電信」をタップ。
2017042705
儲值」をタップ。
2017042706
語音儲值は通話用のリチャージ。上網儲值はデータ通信用のリチャージ。「上網儲值」をタップ。
2017042707
同意、繼續下一步」をタップ。
2017042708
データ通信のプラン(商品)の一覧が表示されます。希望するプランの「+」「-」をタップして購入数を入力。
2017042709
ここでは1GBのプランを選んでみました。購入希望数を入力したら「下一步」をタップ。
2017042710
購入する商品の内容が表示されるので問題なければ「確認」をタップ。
2017042711
「印刷中、少々お待ちください」という旨の表示。
2017042712
モニターの下の部分からレシートが印刷されます。
2017042713
このレシートをレジへ持って行って精算します。
2017042714
レシートには密碼という14桁の数字が記載されています。この数字をリチャージを行うときに使用します。
2017042715

アプリによるリチャージの手順

レシートに記載された14桁の密碼を使ってリチャージを実行するには以下の方法があります。
1.アプリによるリチャージ
2.電話(自動音声案内)によるリチャージ
今回は簡単な「1.アプリによるリチャージ」の方法を解説します。

中華電信の公式アプリの登録については下記を参照してください。

中華電信のプリペイドSIMを手に入れたらアプリを登録しよう

2017.04.24

アプリを起動。
儲值」をタップ。
2017042717儲值卡儲值」をタップ。
2017042718
儲值」にレシートの密碼(14桁の数字)を入力して「儲值」ボタンをタップ。
2017042721_1リチャージしたプラン(商品)の内容が表示されます。これでリチャージ完了。
2017042722購入したプランが開始された旨のショートメッセージ(SMS)が届きます。
20170427232017042724

リチャージ前後のプリペイドSIMの状態を比較

リチャージ後に以下の点が更新されていることが分かります。
・計量型方案として今回購入したプラン(1GBの商品)が追加されている。
・有効期限が延長されている。(リチャージを実行した日が3月1日なので、180日後の8月28日が有効期限)

【リチャージ前】2017042725
【リチャージ後】
 2017042726

まとめ

実際、アプリから直接プラン(商品)を購入することも出来るので、わざわざコンビニに行く必要もないのかもしれませんが、1つの方法として知っておくとよいと思います。

コンビニでリチャージするメリットを1つ挙げると、レシートが確実にもらえるという事ですね。台湾のレシートはくじになっているので、できれば欲しいですよね。アプリで購入するとレシートが手に入らないのです(台湾に住所があるなど入手方法がないことはないですが旅行者には困難)。

色々とリチャージの方法を知っていれば何か想定外の事態が起きたときにも対応できるのではないでしょうか。状況によって使い分けるとよいと思います。


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017042701_3