台湾でエクスモバイル(Xmobile)のレンタルWiFiを使ってみた




台湾に限らず海外旅行に行ったとき現地でのネット接続手段は大きな課題の1つですね。日本の通信キャリアのパケット定額制サービスは料金が高いのでハッキリ言っておすすめしません。台湾では無料のWi-Fiサービスが比較的充実しているのですが、やっぱり街中を歩いているときに「Googleマップを使いたいのでどうしてもネットに接続したい」というような状況はよくありますよね。そんなときはレンタルWiFiが有効な手段の1つです。いろんな海外レンタルWiFiサービスがありますが今回「エクスモバイル」のレンタルWiFiを使ってみたので感想を書いてみたいと思います。
※アイキャッチ画像及びページトップ画像はエクスモバイル HPより引用

パケット定額制サービスよりWiFiレンタル

台湾でのネット接続についてはプリペイドSIMを購入する方法が安くておすすめなのですが「持っているスマートフォンがSIMロック解除できない」「プリペイドSIMは難しそうなので自信がない」という人にはWiFiレンタルがおすすめです。

日本の通信キャリアには以下のようなパケット定額制サービスが用意されています。
ドコモ「海外パケ・ホーダイ」
ソフトバンク「海外パケットし放題」
au「海外ダブル定額」
特に何も準備する必要が無くてスマホを持って行けばそのまま使えるという便利な反面、料金が高額なのがネック。滞在期間が長くなるとバカにならない金額になってしまいます。

今回利用したエクスモバイルとパケット定額制サービスの料金を具体的に比較してみましょう。

以下の条件でそれぞれの方法を利用した場合の料金を比べてみます。
・3泊4日として4日間利用
・エクスモバイルの「台湾・通常プラン(300MB)」を利用したとする
・1日300MB(※1)以上利用したとする

商品/サービス 料金 内訳
ドコモ「海外パケ・ホーダイ」 11,920円 2,980円×4日
エクスモバイル 3,000円 750円×4日

※1 データ通信量300MBで利用できる目安
WEB閲覧:約1,200ページ
Youtube閲覧:約2分30秒
MAP閲覧:約80回

これを見ればその違いはもう一目瞭然ですよね。差額は何と8,920円にもなります。WiFiレンタルを利用した方がいかにお得かというのがお分かりいただけるかと思います。

エクスモバイルについて

エクスモバイルは世界170ヶ国以上の国と地域で利用できるレンタルWiFi。台湾では大手通信会社の中華電信台湾モバイルの回線を使用し4G/LTEが利用可能です。

台湾での利用プラン、料金については以下のようになっています。

プラン 料金
通常プラン(200MB) 550円/日
通常プラン(300MB) 750円/日
大容量プラン(500MB) 850円/日

 

スポンサードリンク

エクスモバイルの申し込み方法

レンタルWiFiの申し込みは下記のエクスモバイル(Xmobile)の公式HPより行います。

>>海外WiFiならエクスモバイル

レンタルお申し込み」をクリックします。
下記必要事項を入力して「入力内容のご確認へ」をクリックします。ここでは「国別プラン」を選択。
渡航期間
 「ご出発日」「ご帰国日」を選択。
渡航先/台数
 「国別プラン」或いは「周遊プラン」を選択し渡航先情報、台数など必要事項を入力。
※また補償、ポケットリチャージャーなどオプションが必要な場合は選択する。
会員登録せずにレンタルする場合は「会員登録せずに申し込む」をクリックします。会員登録する場合は「新規会員登録して申し込む」をクリックします。ここでは会員登録せずに先へ進みます。
各種個人情報を入力して「配送先のご入力へ」をクリックします。

お支払方法」「受取方法」「配送先」「返却方法」を入力、「利用規約に同意する」にチェックを入れ「お申し込み内容のご確認」をクリックします。

受取方法」の「宅配」は金額が書いてありませんが、送料が発生するので注意してください
内容に間違いなければ「クレジットカードを入力する」をクリックします。
クレジットカード情報を入力して「次へ」をクリックします。
入力内容に間違いがなければ「送信」をクリックします。
これで手続き完了です。
 

スポンサードリンク

レンタル機器を受取る

レンタル機器の受取方法は以下の3つです。今回は「ゆうパケット」を利用しました。

受取方法 概要
ゆうパケット(無料) 出発日の1~2日前に配送されます。配送を早めることはできません。
配送便(有料) 出発日の前日に配送されます。有料で配送を早めることができます。
空港カウンターで受取(有料) 出発日に空港で受取。詳細は下記参照。
参考:空港カウンターのご案内(海外WiFiのエクスモバイル)

 
今回は「ゆうパケット」で受け取りを行いました。レンタル機器は出発日の前日、又は前々日に配送(ポスト投函)されます

中にはポーチに入ったレンタル機器一式と返却用のレターパックライトの封筒が入っています。

ポーチの中には機器本体、充電用アダプター、ご利用案内が入っています。

返却用のレターパックライト。帰国後この中にレンタル機器を入れてポストに投函します。

 

スポンサードリンク

現地到着前にしておくこと

機内モードをONにしておく

自動的に通信が行われて高額のパケット料金が発生するのを避ける為、機内モードをONにしておきましょう

設定から機内モードのスイッチをタップしてONにします。
2018020803

Appのバックグラウンド更新をオフにしておく(iPhoneの場合)

iPhoneを使用している場合はAppのバックグラウンド更新の設定をOFFにしておきましょう。意識せず大量のデータ通信が発生してしまう可能性があります。

設定一般Appのバックグラウンド更新Appのバックグラウンド更新から「オフ」をタップしてAppのバックグラウンド更新をオフに設定します。
2018020804 

スポンサードリンク

現地での使用方法

現地でレンタルWiFiを利用するときの操作方法を説明します。

こちらがWiFiルーター。手のひらにのるぐらいの大きさなのでポケットやカバンに入れても持ち歩きには全く邪魔になりません。右下にあるボタンが電源スイッチです。接続する為のSSIDパスワードの記載もあります。

 

電源を入れる

操作はとてもカンタン。右下のボタンを長押しすると電源が入ります。

電源がONになりました。「Chunghwa」を表示されているので中華電信の回線を使用しているんでしょうね。

 

WiFi接続方法(iPhoneの場合)

設定」をタップします。
Wi-Fi」をタップします。
Wi-FiのスイッチをタップしてONにします。
WiFiルーター本体に記載されているSSIDをタップします。
WiFiルーター本体に記載されているパスワードを入力して「接続」をタップします。
これで接続されました。以上で完了です。
 

電源を切る

使用しないときはバッテリーの消費を抑える為になるべく電源を切るようにしましょう。中央のボタンを長押しすると電源がOFFになります。

 

スポンサードリンク

レンタル機器を返却する

レンタル機器の受取方法は以下の3つです。今回は「ポスト返却」を利用しました。

返却方法 概要
ポスト返却(360円) 利用可能台数は2台まで。消印が契約終了日(帰国日)の翌日以降となった場合延滞料金が発生します。
宅配便(実費) 消印が契約終了日(帰国日)の翌日以降となった場合延滞料金が発生します。
空港カウンターで返却(1,080円/台) 帰国日に空港で返却。下記空港カウンターのみ返却可能。
・成田空港第1ターミナル
・成田空港第2ターミナル

ポスト返却の場合はレンタル機器をポーチにまとめて受取時に同封されていた返却用のレターパックライトの封筒に入れます。表に名前を記載、保管用シールをはがしてポストに投函すればOKです。

 

スポンサードリンク

エクスモバイルを利用してみた感想

はっきり言ってしまうと「ストレスあり」です。なぜかって全然繋がらないんですよね。電源を入れても写真のように「No Service」になってしまいます。たまに繋がってもしばらく使ってるとやっぱり同じように「No Service」になって接続が切れてしまうんですよ。なんなんでしょうね?

繋がってログインしようとするとたまにこんなHUAWEIのHPらしき画面が出てくることもあります。
正直あまり使い物にならなかったという印象です。使い方に特に問題はなかったと思います。現に繋がるときもあるので間違ってはないでしょう。またホテルのWiFiには接続できるのでスマホに問題があるとも思えません。たまたま機器に問題があったのか、そもそもこういうものなのかよく分かりませんが今回の使用に限ってはちょっと不満ですね。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク