台湾の国内線「UNI AIR 立榮航空」を利用して台北から花蓮へ行ってみました




台湾の地方都市で特に人気のある観光地は台湾東部に位置する花蓮。中でも特に有名なのは太魯閣ですね。大自然の作り出した大理石の岩盤からなる大渓谷は圧巻の迫力です。一度は訪れてみたい観光スポットですよね。さて、台北から花蓮へ行く場合、最も一般的な交通手段は台鉄の特急電車を利用する方法です。自強號なら3時間ほど、太魯閣號、普悠瑪號なら2時間ほどで花蓮へ到着します。のんびり電車の旅を楽しむのもよいですが「なるべく移動時間を短くしたい」という場合には台湾の国内線を利用するという方法もあります。というわけで今回は台湾の国内線「UNI AIR 立榮航空」を利用して花蓮へ行く方法を紹介したいと思います。

台湾国内線のチケット入手方法

台湾国内線のチケット入手方法についてはこちらの記事を参照してください。

台湾の国内線「UNI AIR 立榮航空」のチケットを購入する方法

2019.04.13
スポンサードリンク

台北松山空港から出発

UNI AIR 立榮航空の台北~花蓮の飛行機は台北松山空港(臺北松山機場)から出発します。桃園空港ではないですよ~。台北松山空港には国際線用の第1ターミナル、国内線用の第2ターミナルがあります。花蓮行きの飛行機に乗るには国内線用の第2ターミナルに行きましょう

西側の建物が第2ターミナルです。

ここが第2ターミナル。

チェックイン(搭乗手続き)

UNI AIR 立榮航空のカウンターでチェックインの手続きを行います。自動チェックイン機もありましたが、どうも外国人は利用できないようです。

チェックインはパスポートを見せるだけでOKです。
※念のためチケット購入時に送られてくるメールにをプリントアウトしておくのもよいと思います。

チェックインを済ませてチケットをもらいました。

 

受託手荷物の手続き

チェックインの後、受託手荷物がある場合は手続きを行います。チェックインとは別に行う必要があるので注意しましょう。「行李託運」と書かれてあるカウンターへ行きます。

こちらが受託手荷物の手続きを行うカウンターです。

受託手荷物は20㎏以内の制限があり10㎏以内なら無料です。10㎏をオーバーした分は追加料金を支払う必要があります。ただそんなに高くないので心配する必要はありません。このとき預けた荷物は16㎏だったので6㎏オーバー。追加料金は72元でした。1㎏あたり12元ってことかな、これはありがたい。

荷物を預けたら時間までくつろぎましょう。

コンビニやベーカリーもあるので何か買って食べるのもよし。

搭乗

指定された時間までに所定の搭乗ゲートへ。なるべく余裕を持って移動しましょう。こちから保安検査をおこないます。

保安検査を終えて先へ進むとゲートエリアに出ます。搭乗のアナウンスがあるまでここで待ちます。

お土産屋さんなどもあります。

ちょうど目の前がこのときの搭乗口の12番ゲートでした。

いよいよ搭乗です。

スタッフにチケットとパスポートを提示しましょう。

飛行機まではバスで移動。

バスから降りて飛行機に乗り込みます。この日は雨だったのですが傘を貸してくれましたよ。

傘をさして飛行機まで歩いていきます。

もちろんプロペラ機!

ここで傘を回収されます。

ようやく乗り込みました~。自分の席を探します。

収納スペースの扉が開いてるとちょっと座席番号が見えにくいのですがこのあたりに書かれてます。

席の広さは日本のLCCと同じくらいですかね~。まあ1時間ほどのフライトなので問題ありません。というわけで花蓮へ出発です~。

 

スポンサードリンク

花蓮空港に到着

花蓮が近づいてきました~。やっぱり飛行機だとあっという間ですねー。

到着時も傘を貸してくれました。

建物まで歩いて行きます。

後は受託手荷物を受け取るだけです。

花蓮空港の様子。地方の空港なのでコンパクトですねー。

花蓮市の中心部へ移動するにはバスかタクシーを利用します。出口を出て左にタクシー乗り場、右手にバス乗り場があります。

バス(花蓮空港~台鉄花蓮駅)
所要時間:約15分
運  賃:25元(悠遊カードを使うと22元)

花蓮空港から台鉄花蓮駅(花蓮市中心部)にバスで移動する方法

2019.05.03

タクシー(花蓮空港~花蓮市中心部(花蓮文化創意産業園区のあたり))
所要時間:約15分
運  賃:約260元

 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク