自動券売機で電車(台鉄)の特急チケットを購入する方法

2016122101_1
スポンサードリンク

台湾の地方都市を結ぶ台湾鉄路は通称台鉄と呼ばれ、日本のJRのような位置付けです。台北市内だけを訪れるといった旅行スタイルの場合は主に利用するのはMRT。また現在は高速鉄道があるので中南部を訪れる際も利用機会は減っているかもしれません。しかし比較的近距離の都市間の移動や、花蓮や台東など東海岸の都市に行くときには必須の交通手段です。その際利用するであろう特急電車のチケットを自動券売機で購入する方法を紹介します。

台鉄の特急電車チケット

台鉄の特急電車は自強号、太魯閣号(新自強号)、普悠瑪号(新自強号)、莒光号、復興号などの種類があります。特急料金が必要で座席指定を行う為、基本的に窓口でチケットを購入する必要がありますが、特急専用の自動券売機を利用すれば窓口でのやり取りの必要なく購入することが可能です。中国語、英語が不得手でも安心です。

今回は台北駅で台北~台中までの当日チケットを購入しました。
2016122101_2

自動券売機の操作方法

對號列車自動售票機と表示がある自動券売機が特急専用自動券売機。對號列車というのが特急列車ということですね。
2016122102
画面はタッチパネルになっています。「購買日票」は当日チケットの購入、「購買」は翌日以降のチケットが購入可能、「票取票」は予約済のチケットの発行。

今回は当日チケットを購入するので「購買日票」を選択。
2016122103
行先を決定します。画面にはエリア別に駅が表示されます。今回の行先は台中なので中部を選択します。
2016122104
中部エリアの駅が表示されています。台中を選択。
2016122105
当日の特急電車の一覧が表示されるので乗車する電車を選択します。
2016122106
購買去回票」は往復、「購買程票」は片道。今回は片道を選択。
2016122107
チケットの枚数を指定。大人1人なので成人1を選択。
2016122108
間違えた場合は清除を、決定する場合は確定を選択。
2016122109
会員ではないので會員購票を選択。
2016122110
座席を選択します。劃位を選択すると自動で席を決定してくれます。自分で選びたい場合は自己選を選択。
2016122111
希望の席を指定します。
窓側走道通路側。〇車は号車、〇號は座席番号です。番号の振り方が日本と違うのでちょっと戸惑うかもしれません。指定したら確定を選択。
2016122112
2016122114
チケットの内容を確認します。問題なければ確定を選択します。
2016122115
支払方法を決定します。今回は現金を選択。
2016122117
画面の右側に現金、クレジットカードのの投入口があります。
2016122119
2016122120
チケット代金分のお金を投入すれば完了。找零/出票口に出てきたチケットを受け取ります。後は指定の電車に乗るだけです。
2016122121

自動券売機

どうだったでしょうか? 簡単ですよね。
因みに電車に乗ると自分の指定席に誰かが座っていることがよくありますが、自分の席だと言えばすぐにどいてくれます。台湾では誰もいなければ指定席でも座って良いという考え方が一般的なようで、よく見かける光景です。日本人の感覚とはちょっと差がありますが、まあ気にしないことです。

スポンサードリンク
2016122101_1