台湾の新幹線(高鐡)をいつでも20%オフで利用する方法を紹介します

2017110501
スポンサードリンク

2007年に開業した台湾の新幹線(正式名称は臺灣高速鐵路)。今ではもうすっかり台湾の重要な交通手段として定着していますね。そんな台湾の新幹線(台湾高速鐵路)ですが日本と同じように割引のチケットを購入することが可能なんです。早割を利用すれば10%オフ、20%オフで購入することができます。ただ、早割なので当然一定期間事前に購入する必要があったり、適用される列車が限定されていたりします。実は早割の他にも外国人優待の割引があるのをご存知でしょうか? この優待を利用すると購入時期や乗車する列車に関係なく20%オフで新幹線に乗ることができるのです。

外国人割引を利用して台湾新幹線を20%オフで利用

外国人優待を受けるにはkkdayというオプショナルツアー販売サイトのサービスを利用します。kkdayのサイトから割引バウチャーという形で購入して現地でチケットと引き換えることになるのですが、以下その流れを詳しく説明していきます。
2017110502

割引バウチャーの入手方法

会員登録

まずは下記のkkdayのサイトから会員登録を行いましょう。
KKday|現地オプショナルツアー予約サイト-KKday.com

ログイン/新規登録」をクリックします。
201711050001ID(Eメールアドレス)、パスワードを設定して新規登録を行います。facebookやgoogleのアカウントで登録することも可能です。
201711050002

バウチャー購入手順

新幹線20%オフのチケットは下記のページから購入します。
【台北駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定-KKday.com

※他に3日間乗り放題の新幹線パスも販売しています。
【とってもお得な乗り放題】台湾新幹線パス※外国人限定-KKday.com

手順1
利用日時利用期間チケット枚数を入力して「予約する」ボタンをクリックします。
※ここでは台北~台南を選択しています。
kkday109手順2
ログインしていない場合はここでログインします。
IDパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。
kkday111手順3
画面を下へスクロールしながら必要事項の入力~決済を行います。

クーポンの利用
クーポンを利用する場合はクーポンコードを入力します。
kkday113_01
注文者情報
注文者の氏名国籍Eメールアドレス電話番号を入力します。
※会員登録時に入力した内容を同時に更新する場合は「会員情報を同時に更新」について「はい」を選択します。
kkday113_02
利用者情報
利用者の氏名性別国籍生年月日パスポート番号を入力します。
kkday113_03
お支払方法の確認
支払方法をクレジットカード、またはPAYPALから選択します。
※ここではクレジットカードを選択。
(クレジットカードを選択した場合)クレジットカード情報を入力して「次へ」ボタンをクリックします。
kkday113_04 必要に応じてパスワードの入力を行います。「送信」ボタンをクリックします。
kkday115
手順4
これで購入完了です。後にkkdayからメールが送られてきます。
kkday116
手順5
手続きが完了するとにkkdayからメールが送られてきます。メールにバウチャーが添付されているのでダウンロードして印刷しましょう。バウチャーは現地でチケットと引き換える際に必要になります。

バウチャーは画像でスマートフォンなどに保存しても大丈夫ですが、小さくて見えにくくなるので印刷することをおすすめします。
kkday002
kkdayの注文履歴からダウンロードする場合】
バウチャーはkkdayのサイトにログインして注文履歴からダウンロードすることもできます。以下その手順です。

ログインした状態で写真の赤丸部分のアイコンをクリックします。
kkday201注文履歴」をクリックします。
kkday202該当商品の部分をクリックします。
kkday203バウチャーをダウンロードする」ボタンをクリックします。
kkday121 ダウンロードボタンをクリックします。
kkday122以下のようなバウチャーがダウンロードされます。
kkday123

現地でチケットと引き換えする方法

バウチャーを入手しただけではまだ新幹線の利用は出来ません。現地到着後、新幹線のチケット販売窓口でチケットと引き換る必要があります

乗車予定当日にチケットの引き換えを行うと混んでいる場合など希望の列車に乗れない可能性があるので、乗車日より早く現地に到着しているのであれば早めに引き換えを行うことをおすすめします。

こちらは台北駅の地下にある新幹線チケット販売窓口。
201711050201
バウチャーとパスポートを提示して、乗車を希望する列車を伝えます。座席の指定も可能です(バウチャーに含まれているので追加料金は発生しません)。
201711050202
下のようにチケットを台紙に貼りつけた状態で渡されます。このまま使用するので剥がさないようにしましょう。
201711050203

新幹線の乗り方

台北駅新幹線乗り場の改札です。外国人割り引きのサービスを利用する場合、通常のように自動改札を通ることができないのでスタッフに申し出る必要があります。
201711050301
申し出るときにはチケットとパスポートを用意しましょう。
201711050302
改札の窓口にいるスタッフか・・・
201711050303
改札周辺にもスタッフがいるので申し出ましょう。
201711050304
チケットとパスポートを確認すると手動で改札を通してくれます。
201711050305
後は新幹線に乗るだけです。
201711050306
台南駅に到着。
201711050307
改札を出るときも乗車するときと同様にスタッフにチケットとパスポートを提示して手動で改札を通してもらいます。
201711050308

まとめ

オンラインでバウチャーを購入した時点ではまだ列車の特定や座席の指定もできていないので、台湾に到着後にチケット販売窓口でそれらを行う必要があるというのがちょっと面倒なところでしょうか。
台湾到着後にすぐ新幹線に乗る、という場合には時間のロスや希望の列車の乗れないリスクを考えるとあまりおすすめではないかもしれませんね。
もし十分に余裕があるのであれば20%オフというのは非常に魅力があるので利用する価値はあると思いますよ。特に台北~台南、左営(高雄)など長距離であれば割引率も大きくなっておトクですね。


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017110501