台湾の郵便局(郵局)からEMSで荷物を日本へ送る方法

2017010712
スポンサードリンク

最近台湾の人気が徐々に高まってきています。台湾に興味を持ってくれる人が増えるのは嬉しいですね。さて旅行ではありがちな話ですが、旅行中つい買い物しすぎて思いのほか荷物が増えてしまった! という経験のある人は多いのではないでしょうか。また、帰りは荷物を減らして楽になりたい。という気持ちも理解できますよね。あちこち観光して疲れたところに重い荷物を持って帰国するのは大変です。そんなとき、お金にちょっと余裕があるなら郵便局から荷物を自宅に発送するという選択肢があります。今回は台湾の郵便局(郵局)から最もスピーディなEMS(国際スピード郵便)を利用して荷物を発送する方法を紹介します。

最寄りの郵便局(郵局)を探す

郵便局がどこにあるかを調べるには中華郵政のe動郵局というアプリを使うと便利です。
詳しくはこちらの記事を参照してください。

台湾の郵便局(郵局)を探すには中華郵政のアプリe動郵局が便利

2017.01.08
2017010701_1

箱が無い場合は先ず入手

郵務業務の窓口へ

箱は無くても郵便局で購入できます。先ずは窓口に行きましょう。
2017010706
Postal Servicesと書いてある窓口へ行きます。間違っていても別の窓口に行くよう教えてくれるので大丈夫です。
2017010707
大きな郵便局だと写真のような番号札を置いているので番号札を取って順番を待ちます。

金融業務を扱っている郵便局の場合は郵務業務(郵便業務)と儲匯業務(金融業務)の2種類の番号札があるので間違えないようにしましょう。
2017010709
2017010710

便利箱を購入

郵便局では写真のような便利箱という箱を売っています。サイズは5種類あるのでちょうど良い大きさの箱を購入しましょう。
参考:中華郵政便利箱袋

このときEMS用の記入用紙ももらっておきます。EMSラベル
インボイスの2種類が必要です。
2017010707_1

運が良ければタダで箱がもらえる

運がいいと空き箱をタダでもらえることがあります。このときも箱を買いたいと告げると、ちょうどいい空き箱があると言ってタダでもらいました。

テープやハサミは郵便局に用意されているので使用することができます。箱詰めして用紙を記入したら再度窓口へ持って行きます。
2017010708

EMSラベルとインボイスの記入方法

EMSラベル

EMSラベルの記入例を以下に示します。名あて国で通用する言語(または英語)で記入。
2017010704_3

※送り主、受取人ともに自分である場合を想定しています。
以下の項目を記入すればOK。重量や寸尺は郵便局の人が記入します。

項目 記入内容
寄件人姓名地址 送り主の住所、氏名
ホテルなどに滞在している場合は宿泊先の住所を記入。
郵遞區號 郵便番号
宿泊先の郵便番号を記入。
電話 電話番号
宿泊先の電話番号、又は台湾で有効なSIMを持っている場合は携帯電話番号を記入。
收件人姓名地址 受取人の住所、氏名
送り先の日本の住所を記入。
國名 「日本」と記入。
郵遞區號 郵便番号
受取人の郵便番号を記入。
電話 電話番号
受取人の電話番号を記入。
交寄日期 当日の日付を記入。
内容物選択欄  衣類など身の回り品やお土産であれば「禮品Gift)」をチェック。
内裝物品 内容物を記入
衣服(衣類)、零食(お菓子)など中国語が分かれば漢字でOK。分からない場合は英語で記入。
價值 内容物の合計金額
厳密に記入する必要はありません。だいたいの金額で大丈夫です。
寄件人簽署及日期 サインをします。

インボイス

インボイスの記入例を以下に示します。インボイスとは税関での検査で必要な書類です。名あて国で通用する言語(または英語)で記入。
※インボイスの例は英語にしてみましたが漢字でもOK。
2017010705_2
※送り主、受取人ともに自分である場合を想定しています。
郵件號碼
は郵便局の人が記入するので空けておいてOK。

項目 記入内容
寄件人姓名及地址 送り主の住所、氏名
ホテルなどに滞在している場合は宿泊先の住所を記入。
電話 電話番号
宿泊先の電話番号、又は台湾で有効なSIMを持っている場合は携帯電話番号を記入。
收件人姓名地址 受取人の住所、氏名
送り先の日本の住所を記入。
電話 電話番号
受取人の電話番号を記入。
交寄日期 当日の日付を記入。
產品原寄國 内容物の原産国を記入。
※書かなくても問題ないようです。
內裝物品 内容物の名称、数量、単価、合計金額、通貨種類を記入。(注1
寄件人簽章 サインをします。

注1 內裝物品は詳しく書くに越したことはないのですが、着替えといったような衣類などは具体的な金額を記載するのは難しいので、自分はいつもざっくりと書いています。

料金と所要日数

EMSで発送した場合の所要日数は2日~4日といったところです。だいたい帰国日の前日、前々日に発送することが多いのですが、帰国するより早く到着していたときもありました。

料金は重量により加算され、5㎏で1130元、10㎏で1830元、15㎏で2430元・・・といった具合。
下表は中華郵政HPに掲載されている料金表です。(2017.1.6現在)
2017010711_1※画像は中華郵政HPより引用
参考:國際快捷國際快捷郵件簡明資費表(中華郵政)

まとめ

台湾への旅行はLCCが増えて便利になりましたが荷物の重量制限あり思わぬ出費になることがあります。そんなときは荷物の一部を郵送してしまうという選択肢もありですね。受託手荷物の料金とそれほど変わらなければ身軽になる分いいかもしれません。台湾の郵便局は結構サービスが充実しているので上手く活用すると便利ですよ。

スポンサードリンク
2017010712